無料ブログはココログ

お友達リンク

オフィシャルリンク

« マニックス/MANIC STREET PREACHERS at Studio Coast (17 May 2012) | トップページ | ノエル・ギャラガー/Noel Gallagher's High Flying Birds at Budokan (23 May 2012) »

マニックス/MANIC STREET PREACHERS at Studio Coast (18 May 2012)

初日、帰宅してバンドのFBページをチェックしたら、やはりニッキーは腰が辛くて動けなかったらしい。2日目はニッキー側で見ようと決めた(笑)。

さてライヴ当日、ROSEさん、友人と誘い合わせて会場に向かう。前日に近くにいた人たちにも再会し、談笑。そのうち一人の方は、初日だけの予定だったのに、今日も急遽参加を決めたそう。
入場後は、ニッキー側めがけて走り、隅っこながら見やすそうな位置を確保。

今日もサポートはグリフ・リース。昨日とはアレンジが変わっており、アコースティック中心の演奏が増えていた。かなり気に入ったので、アルバムも聴いてみようと思う。

さてマニックス。一曲めは、ほぼ予想とおりのYou Love Us (さすがにSLash 'N' Burnは無かったか)で、いきなりテンションMax! 初めて聴いたときはストレート過ぎな歌詞と思ったけれども、自信喪失したときに口ずさんだら元気でそう。Everything Must Goのときは、ここに居て、マニックスやファンとシングアロングできる幸せと感謝で胸がいっぱいになった。疾走感のあるFasterでスピードアップ、ニッキーも、I am an architect…と口ずさんでいる。腰が辛いのかな?と思うときもあったけれども、笑顔も多くてほっとした。いつのタイミングだったか、観衆に投げキッスも!

Postcards From A Youngman、ジェイムズの"I will not give up and I will not give in…"の力強い歌声が好き。 Autumnsong 、イントロのギターリフに歓声があがる。Slash 'N' Burnは、待ってましたって感じで、場内はサイコーに盛り上がる。今日のジャパンスペシャルは、New Art Riot、パンクっぽい曲調に若さを感じる。 Indian Summer、繊細なギターリフに気持ちが高ぶるドラム、切ないサビが好き。Let Robeson Sing では、グリフさん再登場!ほとんど全部歌って、Let Gruff sing状態(笑)。今日のジェイムズのソロは、誰も予想していなかったらしいPCP、こういうレアな機会は嬉しい。

ニッキーは、お色直しでミニワンピにヒョウ柄レギンスで登場。会場の歓声に、「Lady GAGAに見せようか」などとジョークを飛ばしていた。You Stole The Sunは、大好きな曲。最後のI love you all the same で観衆の大合唱がきれいに響き、ニッキーは、にっこり笑って右手の親指を立てた。

So Why So Sadは、ライヴで聴くと心にしみいる感じがしてよかった。ニッキーが「most beautiful boy in the country, リッチー・ジェイムズ・エドワーズに捧ぐ」と前置きしてのKevin Carter、泣きのメロディがせつない。

「あと二曲」とジェイムズが言うと、当然、フロアはブーイング。
たぶんこのタイミングだったと思うけれども、ニッキーが日本盤ボーナストラックのRock'n'Roll Geniusの出だしを軽く歌ってくれた。全部歌ってくれてもよかったのに(笑)。

Roses In The Hospital は、かなり高いキーなのに、ジェイムズがんばってる。
最後はもちろん、Design For Lifeを大合唱。もうこれでしばらく会えないのかと思うとさびしさがこみ上げてきた。気がつけば、2010年から3年連続でマニックスのライヴを観ている。ゆっくり休んで、充電して、元気な姿で日本にも来てほしい。きっと会いに行くから。

Setlist
SONY MUSICより頂きました。
1. You Love Us
2. La Tristessa Durera (Scream To A Sigh)
3. Everything Must Go
4. Faster
5. The Love Of Richard Nixon
6. Postcards From A Young Man
7. Autumnsong
8. Slash 'N' Burn
9. Found That Soul
10. New Art Riot
11. Indian Summer
12. Let Robeson Sing
13. Stay Beautiful
14. PCP
15. You Stole The Sun
16. So Why So Sad
17. The Masses
18. Kevin Carter
19. Suicide Is Painless (Theme From M*A*S*H)
20. Roses In The Hospital
21. Design For Life

プロフェッショナルカメラ、フラッシュ撮影禁止という緩めの規制だったので、短い動画を撮らせていただきました。音が割れて聴きにくいですが、よかったら写真代わりにどうぞ。

大合唱など

美脚ニッキー♪

« マニックス/MANIC STREET PREACHERS at Studio Coast (17 May 2012) | トップページ | ノエル・ギャラガー/Noel Gallagher's High Flying Birds at Budokan (23 May 2012) »

Gig Report」カテゴリの記事

コメント

2日間の詳細レポありがとうございます。今思い出してもニヤついてしまいます。楽しかった!メンバーも楽しそうだったし、お客さんもずっと歌ってたし、雰囲気とってもよかったですね。
彼らの日本に対する思いも感じられた温かいライブだと思います。

え〜と、DVDはしばしお待ちを

ROSEさん

レポ読んでいただいて嬉しいです(*^_^*)
本当に幸せな二日間でしたよね。今でも、思い出して余韻に浸ったりしています。バンドのメンバーにとってもよい思い出になってくれたらいいなぁ。

DVDは、お時間のあるときで大丈夫です(^_-)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マニックス/MANIC STREET PREACHERS at Studio Coast (18 May 2012):

« マニックス/MANIC STREET PREACHERS at Studio Coast (17 May 2012) | トップページ | ノエル・ギャラガー/Noel Gallagher's High Flying Birds at Budokan (23 May 2012) »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30