無料ブログはココログ

お友達リンク

オフィシャルリンク

« London 2012 Closing Ceremony(閉会式の感想) | トップページ | SUMMER SONIC 2012 (19 Aug, 2012) vol.1 »

GREEN DAY at Shibuya AX (Aug. 16, 2012)

GREEN DAYのプレミアムライヴ、抽選に当たって行ってきました。もっとも、ネットの反応など見た限りでは、クリマン3A会員の場合は、かなり高い確率で当選したみたい。整理番号は500番台とはいえ、行けただけで幸せです。Creativemanさん、ありがとう♪

期待以上のエネルギッシュなライヴでした。「サマソニのリハーサルだよね。ヒッパレかな~」などと友人と話していたのに、実際には疾走感溢れる曲が畳み掛けるように演奏され続け、「サマソニ前なのに大丈夫?」と問いたくなるぐらい、「本気」を感じたステージでした。

さて、ライヴ開始まで30分(!)も待たされ、少し不機嫌になりかけた頃、客電が落ち、メンバーが走るようにステージに登場。まずトレがドラムの後ろに立つと、待ちくたびれた観客から大きな歓声が上がる。最後にビリージョー(以下BJ)が登場し、いきなりWelcome to Paradiseが始まったら、もうアガルしかない。私の居た右後方からでも、赤いシャツを羽織った金髪のマイクがよく見える。きゃ~かっこよすぎ。「遅くなってゴメン」とでもいうように、BJやマイクは、ときどき位置を変わりながらステージを左右に動いてファンにアピール。演奏の終了と同時にマイクがハイジャンプ!そして、BJが「アリガトウ」。この時点で、観衆の心を完全に掴んでいる。

「今日は新曲をたくさん演奏するぜ!Are you ready?」とBJが宣言したとおり、予想以上に新曲が聴けて嬉しかった。Stay the NightKill The DJ99 Revolutionsが特に気に入った。アップテンポな親しみやすい曲が多く、初めて聴いたのに、サビをシングアロングして楽しめた。

MCはほとんど無かったものの、BJは、要所要所でのファンいじりでも会場を沸かせていた。ファンからのプレゼントを身につけては投げ返し、白い縁のグラサンをかけたり、グリーンのマペットみたいな被り物を頭に乗せたり(ファンに、「そのgreen oneよこせ」みたいに声をかけていた)、そのとき、タイミングよくマスクを被ったマイクとチュッてやっているのがウケた。クマのぬいぐるみにキスして「くるくるぱー」(死語の世界?(笑)と話しかけ、腹話術よろしく高い声(クマの声らしい(笑)と地声で会話したり。後半には、水鉄砲で前方の観衆に水をかけて、会場内の熱気をクールダウン。そういえば、ファンの掲げたボードか何かを読みあげ、「"Today is my XXth Green Day show" Congratulations! かんぱーい!」などという場面も。ファンの方嬉しかっただろうな。

後半は、定番曲中心に楽しませてくれた。Longviewは、ライヴではファンに歌わせることが多いけれども、今回はBJがしっかり歌ってくれた。ベースもかっこいいのよね。今回のショーでは、観た位置からマイクがよく観えたというのもあるけれども、ベースという楽器の素敵さを再認識した。前アルバムからMurder Cityを演奏してくれたのは嬉しかった。トレの高速ドラミングから"Desperaaaaate"って始まるのが好き。途中のコーラスから、Hitchin' A Rideに突然スイッチするという予測不可能な展開。さすがは経験豊富なライヴバンド、やってくれるね。

アンコールでは、二曲目に懐かしいBasket Case、クラウドサーフが最高潮で後ろから観ていて面白かった。畳み掛けるようにAmerican Idiotの大合唱。最後のコーラスを大合唱が終わった瞬間、マイクがジャンプ。曲のエンディングとピタッと決まってかっこよかった。Minorityの大合唱で終わっても、BJは、何度目かの”One more!”を叫び、新曲でライヴは終了。まだまだ聴きたい曲はあったけれども、ライヴハウスという親密な空間での、まさにTime of my lifeな経験だった。

セットリストは、RO69のライヴレポートから頂きました。きれいな写真や新曲の分析など、読み応えあります。
RO69

Setlist:

1. Welcome to Paradise
2. Nuclear Family
3. Stay the Night
4. Stop When the Red Lights Flash
5. Carpe Diem
6. Oh Love
7. Angel Blue
8. Kill The DJ
9. Let Yourself Go
10. Longview
11. Holiday
12. Nice Guys Finish Last
13. Troublemaker
14. Murder City
15. Hitchin' A Ride
16. Brain Stew
17. St. Jimmy
18. Give Me Novacaine
19. Letterbomb
20. Stray Heart
21. 99 Revolutions
アンコール
22. She
23. Basket Case
24. Going To Pasalaqua
25. American Idiot
26. Minority
27. Lady Cobra

« London 2012 Closing Ceremony(閉会式の感想) | トップページ | SUMMER SONIC 2012 (19 Aug, 2012) vol.1 »

Gig Report」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GREEN DAY at Shibuya AX (Aug. 16, 2012):

« London 2012 Closing Ceremony(閉会式の感想) | トップページ | SUMMER SONIC 2012 (19 Aug, 2012) vol.1 »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30