無料ブログはココログ

お友達リンク

オフィシャルリンク

« SUMMER SONIC 2012 (19 Aug, 2012) vol.1 | トップページ | KEANE at Shibuya AX (26 Sep. 2012) »

Summer Sonic 2012 (19 Aug, 2012) vol.2

サマソニ2012、9/20, 21にWOWOWでダイジェストが放送されます。
WOWOW

WOWOWで取材しておられた高樹千佳子さんのブログ。取材中やNEW ORDERのライヴ写真もあります。
ちーたかさんブログ

だいぶ間が空いてしまいましたが、まとめておきます。

FOSTER THE PEOPLE
ソニックステージ、すでにたくさんの人がいたけれども、なんとかバンドメンバーを肉眼で観られる位置につける。FTPを始めて観る友人が、オープニングのポンティのドラムを聴き、「ドラムすごい!」と声をあげた。久しぶりに観るマークは、たくましくなった印象。1月に見たときはずっと定位置で演奏していたベースのカビーは、演奏開始早々、こちら側に来てにこやかに会釈。観客をステージにあげる企画は不発に終わったけれども、祝祭のように楽しいライヴは、明らかにパワーアップしていた。単独公演も見るのでサマソニでは体力温存するつもりだったのに、はしゃぎまくっていたような...^_^; 最後に、海外フェスのウェブキャストで観た、アルバムジャケットのゆるキャラ風船人形が登場したのも嬉しかった。

1.Miss You 2.Life On The Nickel 3.Houdini 4.Broken Jaw 5.I Would Do Anything For You 6.Waste 7.Call It What You Want 8.Don’t Stop (Color On The Walls) 9.Helena Beat 10.Pumped Up Kicks

TEARS FOR FEARS
FTPが終わったら、さーっと人がいなくなり、あっさり最前列ゲット。アルバムSongs From The Big Chair(以下SFTBC)が大好きな私にとっては、今回のサマソニ参戦の決定打だったのに、27年のブランクは大きかったのかな…。とはいえ、演奏が始まる頃には、かなり人が集まってきており、私たちの後ろには外国人のグループもいる。

突然、会場が暗転し、プロコフィエフの「ロミオとジュリエット」が流れる中、バンドメンバーが登場。カートもローランドも、80年代の映像そのまま年を取った感じ?二曲めは、懐かしいSowing the Seeds of Love、二人の声はCDと変わらない!全然衰えてないということか。素晴らしい。実は、この曲とSFTBC収録曲以外は初めて聴く曲ばかりだったが、プログレのような雰囲気があって驚いた。80年代エレポップというイメージが強かったけれども、幅広い音楽性を持つバンドなのね。ちなみに、Billie Jeanは、マイケル・ジャクソンのカバー。原曲と全然違うアレンジで、意外にもハマっていた。

Everybody Wants to Rule the Worldは、イントロが鳴っただけで大きな歓声があがり、観衆は、冒頭から大合唱。27年ぶりか初めて観る人が大半なはずなのに、なんて素晴らしい一体感。そして、なんといっても嬉しかったのはHead Over Heels!この曲がライヴで聴けるなんて感激。締めはもちろん、名曲Shout!この大好きな曲をライヴで聴いて大合唱する日が来るなんて夢のよう。短いフェスライヴだったけれども、これほど素晴らしい演奏を聴かせてもらえると、もっともっと聴きたくなってしまう。次は、単独公演が実現しますように。27年ぶりとかじゃなく(笑)、近いうちに。

Setlist:
1. Badman's Song 2. Sowing the Seeds of Love 3. Change 4. Mad World 5. Memories Fade  6. Everybody Loves a Happy Ending 7. Billie Jean 8. Advice for the Young at Heart 9. Everybody Wants to Rule the World 10. Pale Shelter 11. Break It Down Again 12. Head Over Heels 13. Shout

終了後は、ステージ袖に引っ込んだTFFに、もう一度拍手を送り、マウンテンステージにダッシュ。

NEW ORDER
会場の後ろは誘導通路になっており、列の後ろにくっついて、ステージを観ながら移動。広いマウンテンは、かなり後ろのほうまで埋まっており、幅広い年齢層の観衆はすでにできあがっている(宴会か(笑)感じで幸せそう。観衆の盛り上がりぶりに応えようとするかのように、ヴォーカル&ギターのバーニーは、日本語で歌ったり、不思議なステップを踏んでみたりと、がんばっていた。

NEW ORDERの曲は、ラジオや映画のサントラで親しんだ程度なのだけれども、改めてライヴで聴くと、いい曲たくさん持っているなあと思う。めちゃ踊れる。楽しすぎ。私にとってのハイライトは、大好きなTrue Faith!頭からシングアロングして、踊って、胸がいっぱいになった。さらに代表曲Blue Mondayが続き、観衆のテンションは上がりっぱなし。アンコールの最後はJOY DIVISIONLove Will Tear Us Apart、Hyde Parkのギグ(Absolute Radioで聴いた)と一緒でなんだか嬉しい♪観衆の盛り上がりは最高潮。ほんとうに暖かくて幸せなギグだった。

Setlist:
1. Elegia 2. Crystal 3. Regret 4.Ceremony 5. Age Of Consent 6. Isolation 7. Krafty 8. Here To Stay 9. Bizarre Love Triangle 10. 586 11. The Perfect Kiss 12. True Faith 13. Blue Monday 14. Temptation 15. Transmission 16. Love Will Tear Us Apart

« SUMMER SONIC 2012 (19 Aug, 2012) vol.1 | トップページ | KEANE at Shibuya AX (26 Sep. 2012) »

Gig Report」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Summer Sonic 2012 (19 Aug, 2012) vol.2:

« SUMMER SONIC 2012 (19 Aug, 2012) vol.1 | トップページ | KEANE at Shibuya AX (26 Sep. 2012) »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30