無料ブログはココログ

お友達リンク

オフィシャルリンク

« 2014年2月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

ゴダイゴ/GODIEGO at Billboard Live Tokyo (Apr. 22)

久しぶりのビルボードライヴ。今回はカジュアルシートで、斜め上から見下ろす形にはなったものの、ステージはよく見えました。ベースのスティーヴが相変わらずかっこよくて、彼のほうばかり観ちゃいましたが(笑)。皆さん、年を重ねてもあまり変わらないですね。演奏も素晴しかったです!GandharaThe Galaxy Express 999など、懐かしい曲がいくつも聴けて嬉しかったです。

Asiatic Feverは、ドラマーのトミーのヴォーカル。彼も歌上手い。Monkey Magicは、とにかくかっこよくって、立ち上がって踊りたかったぐらい。タケカワユキヒデさんの「蜘蛛の糸」もばっちり決まっていました。

知らなかった曲では、A Face In The Crowdが好きでした。全体的に、大人っぽいロックといった雰囲気で、ドリンク片手に心地よく楽しめました。もっとも、アンコールの一曲め、Cherries Were Made For Eatingは、少し雰囲気が違い、ポップでかわいい感じ。MCのときの、メンバーのほのぼのとした感じに合っていました。

オーラスは、Happiness!そうそう、この曲があったのよね。タケさんの熱唱が心に響きました。個人的には、この日のハイライトです!

ミッキー吉野さんは、交通事故による怪我のため、ビデオメッセージのみの参加でした。タケさん(だったかな?)曰くの「ヨンダイゴ」でも十分満足できましたが、いつか五人そろったゴダイゴを観る機会があれば...と思います。

Setlist:
(Twitterで写真を公開していた方に見せて頂きました。感謝です。)
01. Magic Painting
02. Steppin' Into your World
03. Asiatic Fever
04. Gandhara
05. Under Underground
06. A Face In The Crowd
07. Last Hour
08. Monkey Magic
09. Beautiful Name
10. The Galaxy Express 999

encoer
11. Cherries Were Made For Eating
12. Happiness

Thirty Seconds To Mars at Shibuya AX (April 3)

実は三曲ぐらいしか知らなかったのですが、ハリウッドスターを生で観たいという不純な動機で参加しました。「ダラス・バイヤーズ・クラブ」では繊細で美しかったジャレッド・レト、この日はやんちゃでかっこいいロックスターでした!

一緒に行ったお友達によれば、U2やリンキンパークが好きらしいとのこと。そのためか、U2好きな私には聴きやすい曲が多かったです。スリーピースなのに、演奏はパワフル!その全体をきりっと引き締めるようなシャノンのドラムはかっこよかった。ジャレッドは、歌も上手くて安心して聴けました。大きな日の丸を振りながら歌ったり、アコースティックの前には、「サムライみたいにする」といって長い髪を頭の上で束ねたり、常に観客を楽しませることを考えているように見えました。観客も、その想いに応えるかのように大合唱。ただ、「Cel Phoneだして!」といったとき、実際に携帯出して降っている人多くはなかったような・・・?きっと、皆さん、ジャレッドに見とれていたのでしょう。

個人的には、Closer to the Edgeがハイライト。伸びやかで聴いていて気持ちよかったです。

彼らは、MTV VMA JAPANのBEST GROUP VIDEOにノミネートされたそうで、「投票してね。受賞したら、また来れるかも。」などと言っていました。

最優秀グループビデオ賞ノミネート

セットリストは、Setlist.wiki より。
01. Birth
02. Night of the Hunter
03. Search and Destroy (Ext. Intro; Ext. Outro)
04. This Is War (Chant Intro)
05. Conquistador
06. Kings and Queens
07. Do or Die
(Ext. Intro; Acapella Outro)
City of Angels
(Sing-a-long Intro)
End of All Days
Acoustic
Hurricane
The Kill (Bury Me)
The Race
Closer to the Edge
(Ext. Intro + Chant Intro; Ext. Outro)
Encore:
Bright Lights
Up in the Air
(Ext. Intro; Ext. Bridge; Ext. Outro; fans onstage)

NINE INCH NAILS at Shinkiba Studio Coast (26 Feb 2014)

ほとんど名前ぐらいしか知らないのですが、USオルタナの大物を一度は観ておこうと思って行きました。実は、2006年だったか、トレント・レズナーが、サマソニでのインタビューで「Duran Duranの大ファンだった」と語るのを見て、どういう音楽を奏でるのかライヴで聴いてみたいと思っていたのです。

初心者らしく(笑)二階席の手すりにもたれかかって観ていました。かなりダークでアーティスティックかと思いきや、演奏はパワフルなロックで、元気もらえました。ただ、ストロボライトが何度も激しく瞬く照明がなんとも攻撃的で、目は疲れました。

ちなみに、この日は、2013年の新譜は全く演奏しませんでした。ファンは、複数回ライヴに行くことが前提となったツアーだったのですね。せっかく聴いたのに(笑)。

セットリストはこちらから。
setlist.wiki

« 2014年2月 | トップページ | 2014年5月 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30