無料ブログはココログ

お友達リンク

オフィシャルリンク

音楽

My Top Gigs & Albums 2014

今年もよろしくお願い申し上げます。

実は既に1/4のelectroxが今年のライヴ初めでしたが^^;
まずは2014年の振り返りから始めます。

My Top Gigs 2014

昨年観たライヴのレポは、よかったら
Gig Report
でどうぞ。

単独13公演、フェス2回参加、観たバンド/アーティストは20組程度でした。どのライヴもそれぞれに素晴しかったのですが、自分基準で特に好きだったライヴは、

1. blur at Budokan (14 Jan. 2014)
1. QUEEN & Adam Lambert at Summer Sonic 2014
3. SUEDE plays Dog Man Star (7 May)
3. TAHITI 80 at Ebisu Liquidroom (9 Dec)
5. Ed Sheeran at Shinkiba Studio Coast (8 Aug)

11月頃までは、ブラー、クイーン+アダム・ランバートが別格、スウェードで決まりかと思っていたら、12月のタヒチ80が素晴らしかったので、Top 3までで4組となりました。エド・シーランのライヴは、2014年一番の衝撃でした。

My Top Albums 2014

こんなアルバムをよく聴きました。

1. タヒチ80 /Tahiti 80 - Ballroom
CDをかけると部屋の空気が明るくなる、そんな優しいパワーを秘めた作品。甘さと切なさを含んだグザヴィエのきれいな声を生かした爽やかで幻想的なエレクトロ。でも心地よさだけに流れないのは、リズム隊特にベースのグルーヴがしっかり効いているから。随所に聴ける80's 風アレンジも素敵。
2. U2 - Songs of Innocence
おかえりなさいと声をかけたくなるような、等身大な感じが好きです。ノスタルジックな切なさを含みながらも、静かな暖かさに満ちた作品。
3. Damon Albarn - Everyday Robots
デーモンの音楽性の豊かさ、幅広さが垣間見られます。聴いていて落ち着くアルバム。
3. ティエスト/Tiësto - A Town Called Paradise
トランスの大御所によるPOPで華やかなEDM曲集。明るい曲調、美しい旋律の中にもどこか儚さや孤高を感じさせるのが大人っぽくて素敵。

ほかにも何枚か聴きましたが、ManicsやThe Scriptの新譜も、作品としてのクオリティーは高かったと思います。Templesは、ライヴも含めて今後が楽しみ。

おまけでTop Tracks、順位は特になしです。Topアルバムに入れたバンドの曲は外しました。
☆ エド・シーラン/Ed Sheeran - I See Fire
☆ エド・シーラン/Ed Sheeran - Sing
☆ アーミン・ヴァン・ブーレン/Armin Van Buuren - Ping Pong
☆ オーケー・ゴー / OK Go - I Won't Let You Down
☆ ザ・スクリプト/ The Script - Superheroes

まだ何か忘れているような気がしますが、キリが無いのでこの辺で。


My top albums 2013

昨日が仕事納めで、もうすぐ今年も終わり。早いものです。

2013年のまとめ第一弾として、今年発売されたアルバムの中から特に印象に残ったものを挙げておきます。

まず、ダントツでよく聴いたのは、この二枚。

1. EDITORS - The Weight of Your Love
中身についてはこちらの記事で熱く語っているので、ご参照いただくとして、今年は、トムの深みのあるバリトンヴォイスに癒されました。来年はぜひ単独公演を!

2. STEREOPHONICS - Graffiti On The Train
歌詞を見て情景を思い浮かべながら、じっくり味わいたいアルバム。ケリーの歌声は、いつもながら絶品です。ストリングスを交えたドラマティックな展開の曲もありますが、あくまでロックを貫く姿勢がよいのです。

3. Tom Odell - Long Way Down - Tom Odell
1,2 ほどではないけれども、よく聴きました。グッドルッキングなピアノマンのデビュー作。バンドアルバムにも聴こえるライヴ感も素晴しい。ドラマティックな歌唱も好きです。来日単独公演ぜひ。


4. DAFT PUNK - Random Access Memories
"Get Lucky"に惹かれて初のアルバム購入。エレクトロのイメージが強いユニットだけれども、このアルバムはアナログ。ポップでダンサブル。大人のダンスミュージックを現代に復活させてくれて嬉しい。時折、哀愁が感じられる曲があるのも好き。英米とは違う欧州というか、雨の日のパリの石畳が思い浮かぶような感覚。

5. James Blake - Overgrown
ルックスもさることながら、深みのある声が実に魅力的です。遥か遠い過去から響いてくるようなイメージを抱いてしまいます。でも、サウンドは最先端。このジャンルに詳しくないからかもしれませんが、久しぶりにクリエイティヴな作品を聴いたような気がします。今年は二回も来日してくれたのに、観に行けず残念。

6. IMAGINE DRAGONS- Night Visions
ストレートなロックあり、ダンサブルなナンバーあり、と、私にはかなり直球で好みなバンド。U2好きの方にお勧め。ただ、聴く前に観たライヴが素晴らしく、その後に聴いたアルバムに物足りなさを感じてしまいました。来日単独公演激しく希望。

中途半端な数ですが、聴いたCDの母数もそれほど大きくないので、この程度にしておきます。ひいきのバンドのアルバム発売が少なかった分、初めて聴くバンド・アーティストが多かったです。4,5以外は、ライヴが観られたので余計に親しみ度数も上がったかもしれません。

London 2012 Closing Ceremony(閉会式の感想)

がんばって早起きして生放送観ましたよ。出演予想はTwitterでチェックしていたのですが、
久しぶりに観たMadness、サックス吹きながら宙吊りとか、ヴェテランでもさすがの芸人魂。
Pet Shop Boysの衣装にはびっくりしつつも、涼しい顔で意外なことをしてくれるのは彼ららしい。演奏曲が大好きなWest End Girlsで幸せ。

blurのParklife、曲だけではなく、本人たちも居てほしかったな。

Ray Daviesが歌うTHE KINKSの曲が聴けてよかった。好きなバンドのカバー等で知ることが多く、本物のライヴを聴くのは初めてだったので。Fuji Rockで来日していたのよね。行けなかったけど。

John Lennon Imagine、やはり、この曲はぐっとくる。リバプールのクワイヤーの皆さん、歌いながら手話でも表現していたように見えた。

そして、待ちに待ったKAISER CHIEFS!THE WHOPimball Wizardのカバー。ホワイティーの鋭いカッティングのギターが響き渡るなか、モッズスクーター集団を従えて登場したリッキー、かっこいい!ステージに到着してからのニックとの掛け合い、痺れたぁ!ドラムもかっこよかったし(上手く形容できない自分がもどかしい)、なんといっても、カイザー・チーフスの演奏が会場全体に大音響で響き渡るのが気持ちよかった。もちろん原曲が素晴らしいのだけれども、KCバージョンもよかった。

こちら↓で大きな映像が観られます(お早めにどうぞ)。

http://vimeo.com/47494658

次の(個人的な)注目は、Annie Lennox!相変わらずスリムで美しい!声もよく出てる!と感動しまくっていたのに、なぜか演奏中でも話し続けるアナウンサー様方のお声のおかげで、せっかくの演奏がよく聞こえない。Ed SheeranによるPINK FLOYDのカバーも素晴らしかったのに・・・。極めつけ?は、楽しみにしていたMUSEによるSurvivalの生演奏。オリンピックテーマ曲なのに、解説のBGMにするなんてっと怒りつつも、きゃ~マット、ドミニク!とミーハー心は忘れない(笑)。

ところで、順番が前後するけれども、Erick IdleAllways Looking On The Bright Side Of Lifeは、思わずテレビの前で一緒に口ずさんでしまった。モンティ・パイソンの映画の曲が登場するのは、さすがイギリス。そうそう、Beady Eyeっていうか、リアムWonderwallも、朝からシングアロング。やっぱり懐かしい~。一緒に歌って楽しめる曲が多いのも、UKロックの特徴の一つだよね。

Brian Mayは、豊かな髪がすっかり白くなっていてもカッコいいわ。さいアリで生で観たときの感動を思い出す。最初少しだけソロでカイザー・チーフスのI Predict A Riot弾いていたような気がしたけど・・・?

ロイヤルバレエのダーシー・バッセルも観られて嬉しかった。クラシックバレエとロックをどうやってつなげるのかと思っていたけれども、TAKE THATの流れに上手くのせたと思う。

大トリのTHE WHOで再びロックの世界に。ロジャー・ダルトリー、高齢なのに声がよくでていて感心。最初大人しめだったピート・タウンゼントの見せ場もあり、さあ、My Generationとワクワクしてきたら、途中で中継が終わってしまい、またもガックリ。

そんな感じでどうにも不完全燃焼ではあったものの、閉会式の雰囲気をリアルタイムで味わい、ネットを通じて国内外の友人知人と感動(や不満(笑)を分かち合えたのは、ネット時代の醍醐味と言ってもいいと思う。幸い、ネットで公式映像が観られるようなので、聴き足りなかったところは、週末にでもゆっくり観ることにしよう。

Closing Ceremony - London 2012 Olympic Games

閉会式プレイリスト。
Olympic closing ceremony playlist

ロラパル、サマソニ

もう8月ですね。セールで買った麻のシャツ、早く着ないと夏が終わっちゃう(笑)

さて、夏休みの季節なのに仕事が忙しく、特に遠出の予定もない私にとっての楽しみは、夏フェス。
今週末のロラパルーザは、ウェブ中継があります。
こちらのサイトは、日本時間での放送予定があるので便利。
Qetic

BLOCK PARTYFRANZ FERDINANDが楽しみだな。
ウチの年季の入ったPCだと画面固まりそうだけど^^;

そして、サマソニ。今年は行きます!二日目に。
SUMMER SONIC

なんといってもTEARS FOR FEARSが楽しみ。
ほかに押さえておきたいのは、Perfume(ファンってほどではないけれども、せっかくだから観ておきたい), THE CARIGANSFOSTER THE PEOPLEはエクストラも行くので、JAMIROQUAIにするか迷い中。ただ、メッセとマリンの往復は、移動に時間がかかるのが難点。最後は、NEW ORDERで締める予定。ソニックのTFF終わったら、マウンテンにダッシュになりそう(時間押してくれないかな(笑)。

FOSTER THE PEOPLE "Houdini"ビデオとタイトルで思い出した本のこと

3人とも、なかなか役者です。


曲やビデオとは直接関係はないのですが、初めてこの曲のタイトルを見たとき、だいぶ前に読んだ本を思い出しました。寺山修司の「不思議図書館」という短編集で、自分が学生だった頃、オシャレなお友達が「面白いよ」と言って勧めてくれたのです。かなりアングラかつサブカルな感じだったものの、苦手そうなところはさらっと流しつつ、古本屋さんで不思議な本をみつけたような感覚で面白く読めました。フーディー二について書かれた短編は、アメリカで「脱出王」の異名をとった、奇術師ハリー・フーディーニは、心の中では何から脱出したかったのか?みたいな内容だったように記憶しています(間違っていたらごめんなさい)。

DEF LEPPARD - Animal live 2011

DEF LEPPARD公式Twitterにupされていました。
ライヴ映像に加え、バックステージやリハーサル中の映像もあります。

DEF LEPPARDのライヴに初めて行ったのは2008年の武道館でした。初日に行って、感動のあまり、二日目も当日券で行ったという・・・。楽曲や演奏がサイコーなのはもちろん、心が喜びで満たされるような暖かなエナジーが感じられました。またあのライヴを体感したい!ライヴアルバムとはいえ新譜も出たことだし、来日公演お願いしたいです。

ライヴアルバムMirror Ball: Live And More についてはこちら↓
HMV「デフレパード!初のライヴアルバム!」

STING at Budokan(19 Jan, 2011)

えー、すでに3ヶ月以上前のコンサートレポです^^;。途中まで書いて放置しておりましたが、自分の記録用も兼ねてまとめておきます。

2011年最初のコンサートは、STINGでした。ロックのライヴではなく、オーケストラとの共演。バンドじゃないの?新曲ないの?と複雑な思いだったのに、実際に体感したら、クォリティの高いコンサートに感動! ステージにはSTINGのバックバンド(ギター、ベース、パーカッション)も一緒に演奏しており、オーケストラとバンドの融合という感じでした。STINGのソロ曲はもちろん、交響楽からもっとも遠そうなThe Policeの曲も、原曲を上手く生かしてアレンジされていました。オーケストラとバンドの融合は、自らの遺産の焼き直しではなく、STINGにとって新たな挑戦だったのだと実感しました。

今回の席は、Aブロックの前から6列目。端のほうでしたが、等身大のSTINGの表情まで見えました(UDOさんありがとう)。相変わらずかっこよくて、もうすぐ還暦とは思えません。声もよくでていて、ロックのときよりも素直な発声で、伸びやかな歌声を会場に響かせていました。

二曲目にはもう大ヒット曲Every Little Thing She Does Is Magicをもってきたのはびっくり。はやっ!会場は、いきなりあったまった感じで、STINGと観衆との「イェヨーオ」の掛け合いもバッチリでしたが、皆さん座ったまま。あーん、立って踊りたかったよ。間髪いれずEnglishman In New York、これも素敵でした。「No matter what they say」と何度も観衆に歌わせるSTINGは、なんだか楽しそう。レッドライトのなかで歌われるRoxanneは、美しくどこか物悲しい。When We Danceのとき、ワルツを踊るダンサーの傍らで、街角のヴァイオリン弾きのような仕草をするSTINGの表情がかわいかった。オーケストラの演奏によるプロコフィエフの「ロミオとジュリエット」から始まるRussiansは、もっとも交響曲らしかった曲。重厚で叙情的なロシアのクラシックみたい。Shape Of My Heartは、ドミニク・ミラーのギターにうっとり。第一部の最後の曲Next To Youは、原曲らしいパンキッシュな歌い方で、かっこよかった!ずっと座っていた観衆も総立ちでした。

第二部の一曲目は、A Thousand Years。どこか違う世界に連れて行ってくれるような雰囲気がよかったです。 Moon Over Bourbon Streetでは、歌う前に、袖口が赤いロングジャケットを羽織り、「日本にも吸血鬼はいる?」と英語でMC。日本語でも「キュウケツキッ」と言っていました。舌足らずな感じがかわい~。曲が終わると「あおおおおーん」と吼える茶目っ気も・・・(てゆーかそれ狼男・・・?)。

オーケストラの指揮者は、スティーヴン・マーキュリオという方でした。とにかくアクションが大きく、常に踊っているようで、観ていて楽しかったです。私がオーケストラのメンバーだったら、笑っちゃって弾けないかも。オーケストラは、東京シティ管弦楽団。ヴァイオリン、トランペット、クラリネット等の日本人奏者のソロ演奏もあり、そのつどSTINGが、演奏者をフルネームで紹介していて感心しました。どこかにカンペあるのか?と疑ってしまった(笑)。クラリネットの女性ソリストの方の演奏は特に満足だったらしく、抱き寄せて軽く頬ずり。私と友人は、「彼女がうらやましい~」とため息ついていました。

King Of Pain は、The Policeの曲のなかでは一番よかったです。こんなにオーケストラに合うとは意外でした。

アンコール一曲目、大好きなDesert Roseは、まさに圧巻!STINGは、最初のアラビア語のところまでも自分で歌い、間奏ではベリーダンスの真似事でノリノリ。美しく物悲しいFragile 、ドミニクのギターはやはり絶品。最後は、アコギでのMessage In A Bottleの弾き語り!はぁ~、なんて贅沢な夜だったのでしょう。やはり、この方からは、これからも目が離せません。

<第一部>
1. If I Ever Lose My Faith In You
2. Every Little Thing She Does Is Magic
3. Englishman In New York
4. Roxanne
5. Straight To My Heart
6. When We Dance
7. Russians
8. I Hung My Head
9. Shape Of My Heart
10. Why Should I Cry For You
11. Whenever I Say Your Name
12. Fields Of Gold
13. Next To You

<第二部>
14. A Thousand Years
15. This Cowboy Song
16. Tomorrow We'll See
17. Moon Over Bourbon Street
18. End Of The Game
19. You Will Be My Ain True Love
20. All Would Envy
21. Mad About You
22. King Of Pain
23. Every Breath You Take

En.1 Desert Rose

En.2 She's Too Good For Me
En.3 Fragile

En.4 Message In A Bottle

P.S.
東日本大震災に際し、STINGはUDOさんのPray For Japanに被災者への共感あふれるメッセージを寄せてくれました。チャリティアルバムSongs For Japanには、Fragileのライヴバージョンが収録されています。

Japan Disaster Benefit gig

4月3日にロンドンO2 Academy Brixtonにて、Japan Disaster Benefitが行われました。

その音源が、XfmのJapan Disaster Benefit Gigで聴けるようになっています(たぶん今週末まで。聴きたい方は、お早めに)。
今、聴きながらこの記事を書いています。
はぁ~、気分だけはロンドンにひとっ飛び。それぞれに熱のこもった演奏が嬉しいです。
Thank you very much for your friendship, Guys!

Xfm公式Youtubeでは、出演者のインタビュー映像が見られます。

出演者は、ヘッドライナーのBeady Eyeをはじめ、

The Coral
Graham Coxon
Paul Weller
Primal Scream
Richard Ashcroft

といったアリーナクラスの豪華メンバー。さらに、STEREOPHONICSのケリー・ジョーンズの参加も直前に決まりました。先のインタビューによれば、リアム・ギャラガーから出演依頼(要請?)の電話をもらったそうです。

照明だけの簡素なステージで、アコギ一本で代表曲Dakotaを演奏するケリーの映像が、Youtubeにupされていました。
力強い歌声は、そのまま被災地へのエールですね♪

ヘッドライナーBEADY EYEによるTHE BEATLESのカヴァー。バックに大きな日の丸が・・・!

ほかにも、たくさんYoutubeに映像がupされていました。このブログを読んでいるあなたのお気に入り出演者の映像もきっとあるはず。

This=Love

515

THE SCRIPT公式サイト
アイルランド出身の3ピースバンド。昨年9月に発売された二作目のアルバム Science & Faithは、アイルランドのみならず、英国でも大ヒットし(アルバムチャート1位を記録)、米国でもUSビルボード・アルバム・チャートで初登場3位を獲得しました。現在は、英国での初のアリーナツアー中です。2009年に渋谷のクラブクワトロで彼らを観た私としては、ずいぶん出世(笑)したのね~としみじみ思ってしまいます。

さて、そんな彼らも日本での震災には心を痛めているようで、ヴォーカルのダニーは、This=Loveという曲の演奏前に、「この曲を日本の人たちにささげる」と語ってくれているそうです。Youtubeでマンチェスター公演での映像を発見しましたが、このときも"Dedicate this song to everybody in Japan right now...they need this love..."などと言ってくれていますね。ありがとう。その気持ちが嬉しいです。

海外ミュージシャンのメッセージやチャリティの話が出てくると、その中につい、自分の好きなミュージシャンを探してしまいますが、マスメディアやプロモーターのサイトに掲載されなくても、こんな風に心を寄せてくれているる海外ミュージシャンは、きっとたくさんいるのでしょうね。、

海外ミュージシャンからのメッセージ2

3/24更新
マニック・ストリート・プリーチャーズ、Fountains Of Wayne、Wes Miles(Ra Ra Riot)、Kim Wildeからのメッセージが追加されました!

****

日本のロックバンドASIAN KUNG-FU GENERATIONのチャリティサイトに、赤十字への寄付リンクとともに国内外アーティストからのメッセージが掲載されています。

アジカン&海外アーティストからのメッセージ

現在のところ、下記のアーティストからのメッセージが掲載されています。
ASIAN KUNG-FU GENERATION、金澤ダイスケ(フジファブリック)、NADA SURF、Kelly Jones(ステレオフォニックス)、ASH、Stephan Jenkins(Third Eye Blind)、HARD-FI 、HOWARD JONES、Nick Beggs(Kajagoogoo)、Taka Hirose(Feeder)、THE YOUNG PUNX!、Space Cowboy、Farrah

"and more"とあるので、今後も随時追加されることを期待しています。
海外アーティストについては有難いことに和訳がついていますが、英文も読んだほうがメッセージが深く伝わってくると思います。

私は、昨年はじめてライヴを観たステレオフォニックスのケリー、ASH,そして懐かしいハワード・ジョーンズからのメッセージがあって嬉しかったです。

余震や原発など落ち着かない今日この頃ですが、好きなミュージシャンのメッセージを読んで元気だしていきたいものですね。
また何かみつけたら、Upします。

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30