無料ブログはココログ

お友達リンク

オフィシャルリンク

DEF LEPPARD

My top albums 2015

(2015年ライヴまとめはこちら→http://european.air-nifty.com/sugar/2016/01/gigs-2015.html)

2015年は、こんなアルバムよく聴きました☆
順位は、好きな順というか語りたい順かな(笑)

1. DURAN DURAN - PAPER GODS
バンドサウンドとエレクトロが絶妙なバランスで収まっている、大人の踊れるロック。例えば「未来に飛び込め」と歌っておきながら、世界の終わりを彷彿とさせる内容で終わるというのも奥が深い。いろいろな解釈があると思いますが、常に貪欲に新しいものを取り入れようとしてきたDURAN DURANというバンドの来し方を見ると、古い世界が終わっても新しい世界が待っているとポジティヴに受け取りたくなる。
2. blur - THE MAGIC WHIP
前半、よく聴いたアルバム。香港など東アジアの街のざわめきや空気が幻想的に浮かび上がってくるような雰囲気があり(どこも行ったことない)、異邦人になった気分になれる。
3. IMAGINE DRAGONS - SMOKE + MIRRORS
前作よりもハードロック色が強く、エネルギッシュ。もっとも、アルバムに深みをもたらしているのは、明るくダンサブルなのにリリックは内省的なShotや切実さのある繊細なバラードDreamといった楽曲だと思う。
4. DEF LEPPARD - DEF LEPPARD
LEPPSらしいポップさが前面に出ているのが良い。明るい曲調なのに泣きそうになるLet's Go, 一人一人の個性と結束の強さを同時に感じさせるWe Belong、グルーヴ感たっぷりのMan Enough、アイリッシュ風のLast Danceなど聞きどころ満載。
5. NOTHING BUT THIEVES - NOTHING BUT THIEVES
UKの大型新人ロックバンド。クラシックロックの味わいと若者らしい鋭さが魅力的。ヴォーカルのコナーの声は絶品です。

上記5枚に比べると聴いた回数は少ないものの、印象に残ったのは、
6. EDITORS- IN DREAM
ダークなのに癒しの霧の中でまどろんでいるような心地よさがあってよかったです。ただ、個人的にはもっとバンド色が欲しかった。
7. F・F・S (FRANZ FERDINAND SPARKS)
ダンサブルでちょいワル大人(笑)を気取ってる感じが面白い。コラボならではの(よい意味での)ぶつかり感もあります。

ほかにも、BRYAN ADAMSは、初期のみずみずしさが戻ってきたような感じが良かったです。ARMIN VAN BUURENは、グッドメロディのヴォーカル曲ばかりでピコピコ感は少なく、EDM特別興味のない方にも聴きやすいと思います。STEREOPHONICSは、彼ららしい骨太ながらポップなロックが聴けます。ただ、前作が好きすぎた分、ヘビロテには至りませんでした。

ちなみに、2015年に聴いたアルバムは、The Scriptの日本盤(アルバム自体は、輸入盤を2014年に購入、鑑賞済み)を含め、18枚でした。


Gigs 2015 and my Top 5

2015年も元気にライヴに行きました。
回数はあまり多くないですが、フェスが三回あるので、観たライヴアクトは17組・・・と、それなりに(笑)観たかな。どの公演も素晴しく、たくさんの感動と刺激を頂きました。特に好きだったライヴアクトは、

1. DEF LEPPARD
武道館の一階席でステージから遠かったにも関わらず、今年一番「もってかれた」感がありました。演奏、ステージング、照明やスクリーンの演出など、ワールドツアー初日にふさわしいスケールの大きさで圧巻でした。聴衆との一体感も素晴らしく、武道館全体が一つのファミリーのような感覚さえ覚えました。
もう一つ、LEPPSが凄いのは、ライヴの魔力を感じさせてくれるところ。彼らのライヴに行くと、「またLEPPSを観たい」のみならず、ライヴに行きたい!になるのです。
2. THE SCRIPT
6年ぶりの来日公演、海外との人気格差の大きく、もう来ないだろうと思っていただけに嬉しかったです。単独も素晴らしかったですが、サマソニでは、広いマリンにダニーの伸びやかな歌声と力強い演奏が響き、感無量でした。
3. F・F・S
SPARKSとFRANZ FERDINAND、大ベテランとアラフォーの真剣なお遊びコラボバンドが観客を沸かせる様子に感動。年齢関係なく、いろいろな可能性はあるのねと元気づけられました。
4. EUROPE
感想は、こちら
5. LEVEL 42
ビルボードライヴでたっぷり90分、グルーヴ感たっぷりの名演奏に浸りました。

Paul McCartneyNile Rogersといったレジェンドのステージが観られたのも貴重な経験でした。ポールはステージが遠すぎたけれども、Hey Judeで泣いたわ。ナイルは、CHICの曲のみならず、DURAN DURANやMADONNAの曲も演奏してくれて嬉しかったです。

2015年に行ったライヴの一覧はこちらです。レポがあるのは、ElectroxとEUROPEだけ(すみません^^;
1月
ELECTROX (Armin Van Buuren, Above & Beyond, New World Punx)
EUROPE (play "Wings of Tomorrow" and best hits) at Club Citta Kawasaki
Kawasaki Rock City vol. 3 (EUROPE, TREAT)
THE SCRIPT at Akasaka Blitz
2月
LEVEL 42 at BBL Tokyo
OK GO at Akasaka Blitz
4月
MEW acoustic live at Apple Store Omotesando
Paul McCartney at Tokyo Dome
8月
Summer Sonic
Day 1: KODALINE, MANIC STREET PREACHERS (play Holy Bible)
Hostess Club All-Nighter: F・F・S
Day 2: MAGIC!, THE SCRIPT, IMAGINE DRAGONS, MEW

11月
DEF LEPPARD at Budokan and Sendai
12月
CHIC feat. Nile Rodgers at Zepp DiverCity

Gigs 2011 and my top 3

2011年に行ったライヴをまとめてみました。ライヴ名をクリックすると、レポートに飛ぶようにしてあります。

STING at Budokan(19 Jan, 2011)
TAHITI 80 instore gig at Tower Records Shinjuku(24 Feb 2011)

CORINNE BAILE RAE at Shibuya AX (9 Mar 2011)
MICHAEL MONROE / HARDCORE SUPERSTARS at Studio Coast(June, 2011)

NIGHT RANGER at CC Lemon Hall (June 13 2011)
TAHITI 80 at Ebisu Liquid Room (30 June, 2011)
ASH at Shinjuku Blaze (18 July, 2011)
MANIC STREET PREACHERS at Shinjuku Blaze (18 July 2011)
KAISER CHIEFS at Fuji Rock Festival 2011
VIVA BROTHER at Ebisu Liquid Room (11 Aug. 2011)
RICK SPRINGFIELD at Billboard Live Tokyo (19 Aug. 2011)
Loud Park 2011(THE DARKNESS & WHITESNAKE)
DEF LEPPARD at Tokyo Int'l Forum (7 Nov. 2011)
DEF LEPPARD at Tokyo Int'l Forum (8 Nov. 2011)

WOUTER HAMEL at Billboard Live Tokyo (14 Nov. 2011)

CORINNE BAILE RAE、MICHAEL MONROE / HARDCORE SUPERSTARS、WOUTER HAMELは、残念ながらレポートをまとめきれなかったのですが、それぞれに素晴らしいショーでした。

今年は、東日本大震災や原発事故の影響で来日の延期やキャンセルが相次ぎました。しばらく余震が続いたこと、渡航制限や会場の耐震などさまざまな事情があったものと思いますが、5月頃から少しずつ平常に戻りだし、最終的には例年並みのライヴ参戦回数を達成できました。関係者の皆様のご尽力に感謝いたします。

そして、来日したアーティストの皆さんからは、「日本にいる人たちを少しでも励ましたい、力になりたい」という熱い思いが伝わってきました。ほんとうに有難かったです。カイザー・チーフスは、日本でヴィデオまで撮ってくれましたね(おそらく急なことで関係者は大変だったと思うけど)。大震災と原発事故というあまりにも大きな災難の後、以前のように音楽にのめりこめるのか?という疑念も自分のなかにはあったのですが、気がつけば、音楽から、ライヴから元気を頂いた一年だったように思います。

それぞれのアーティストの熱意のこもったライヴに順位をつけるのは難しいですが、私にとって特に印象に残ったTop 3は、

1.DEF LEPPARD at Tokyo Int'l Forum (7 Nov 2011)
2.KAISER CHIEFS at Fuji Rock Festival 2011(29 Jul 2011)
3.STING at Budokan(19Jan 2011)

です。思い入れが深く、つきあいの長い(笑)バンド/アーティストがやはりトップに来てしまいました。

ブログを読んでくださった皆さん、ありがとうございました。
よいお年をお迎えください。

DEF LEPPARD at Tokyo Int'l Forum (8 Nov. 2011)

DEF LEPPARD二日目。昨日の帰り際にチケットを買っただけあって、今日の席は一階の後ろのほう。ステージからは遠かったけれども、さすが真ん中ブロック、昨日よりも音のバランスはよかった。ジョーのMCの通り、かなりセットリストの曲が変わっている。初期の頃が多く、実はPyromania以降しか聴いていない私には新鮮だった。

Make Love Like a Manが昨日以上に楽しく、後ろの席なのにノリノリで踊ってしまった。ステージに近かった昨日と違い、こういった大合唱系の曲以外、周りのお客さんは、演奏にじっくり耳を傾けている方が多かった。私より若いのにLEPPSライヴ参戦数の多い友人曰く、「LEPPSのライヴって演奏が良いから聴き入っちゃうんだよね」。確かに。

Love Bitesのジョーの歌唱は、はじめから安定していてよかった。サヴのベースソロからRock On、実はこちらのほうが定番なのだけれども、内心、「今日はGods of War無しか」と少しがっかり。でも、ちゃんと演奏してくれて嬉しかった。 Hysteria のとき、友人の双眼鏡を借りてステージを観たら、サヴが片手を額につけて会場を見回す例のポーズをしているのが見えて幸せ。昨日と同じく、DEF LEPPARD在籍20年のヴィヴィアンをジョーが紹介。「若い頃(When he was a younger boy)にはDIOというバンドにいて」とジョーが言うと、ヴィヴィアンはDIOの曲のリフをちょっと弾き、「もう少し年をとってからは、Whitesnakeに加入して」(先ほどの”younger boy”に対して”a little bit younger boy…”みたいな言い方がおもしろかった)で、Whitesnakeのリフを弾く、というパフォーマンスで会場を沸かせていた。そして、昨日と同じく怒濤のヒッパレ。ステージから遠くてもPhotograaaaaaphと声を張り上げてしまう。本編最後のRock of Ages、まさに永遠のロックアンセム。この手の曲は、大合唱して楽しかったで終わることが多いのに、今回のツアーではいつになく心に響いた。やはりロックって素晴らしい。”What do you want?””I want rockn’roll”では、ジョーと観客が自然に掛け合いになって、鳥肌モノのかっこよさ。昨日も大合唱だったのに、なぜ気づかなかったのかしら。

アンコール1曲目はLet's Get Rocked、昨日はオープンングから二曲めだった。名曲が多いバンドだけに、演奏曲の構成も自由自在なのね。最後は、1stアルバムからの曲Wasted、疾走感があってサイコーにかっこよかった!

今回のツアーは、バンド演奏と照明だけのシンプルなステージだったけれども、よい楽曲と素晴らしい演奏があれば、派手な演出などなくてもよいと改めて実感。とはいえ、楽曲に合わせてリズミカルに切り替わる美しい照明が、ライヴを盛り上げる一助になっていたのは言うまでもない。最後、ジョーがツアースタッフに感謝を述べるとき、担当の日本人Kenjiさんの名前をあげ、”You should be proud!”と付け加えた。Kenji さんを讃えるとともに、彼なりに日本人にエールを送りたいという気持ちが伝わってきた。

そしてジョーの最後の言葉“Don’t forget us. We will never forget you.”
もちろん忘れないよ。早くも次回が待ち遠しい。できるだけ早く戻ってきてね。

Undefeated
Action
(SWEETのカヴァー)
Animal
Let It Go
Another Hit and Run
High & Dry (Saturday Night)
Foolin'
Make Love Like a Man
Bass Solo
Rock On
(David Essex カヴァー)
Love Bites
Rocket
(Extended Version)
Gods of War
Two Steps Behind
(acoustic)
Bringin' on the Heartbreak
(acoustic/electric)
Switch 625
(Instrumental)
Hysteria
Armageddon It
Photograph
Pour Some Sugar on Me
Rock of Ages
アンコール:
Let's Get Rocked
Wasted

DEF LEPPARD at Tokyo Int'l Forum (7 Nov. 2011)

610jqrhbo2l_sy470__2

三年ぶり、待ちに待ったDEF LEPPARDのライヴ。欧米豪ではアリーナ当たり前の人気バンドなのに、日本では有り難くもホールでの単独公演。今回も、開演前に流れたKAISER CHIEFSのRubyに反応し、大騒ぎしてしまった私(笑)。ほかにも、CHEAP TRICKやTHE DARKNESSなどの馴染みのある曲が流れて楽しい。AC/DCが流れると、さあ始まるぞって感じで観客席が騒がしくなる。

オープニングは、新曲のUndefeated。ドラムビートと掛け声で始まる曲は、確かにライヴ開始にぴったりで、かっこいい!ヴィヴィアン側端っこ前方の座席から観客席を眺めると、二階席後ろまで埋めた観衆が総立ちで前のめりになってる。すごい熱気!

ジョーは少しやせたかな?ラインストーンで装飾されたマイクがキラキラ。サヴは、黒地に白く英国国旗柄をペイントしたベース、さっそく、両手を額にあて観客席を眺めるお決まりのポーズ。ヴィヴィアンは相変わらずスリムでしゃきっとかっこいい。遠めに観るフィルは・・・、最初から上半身着てない?

Let's Get Rockedのイントロが流れるとさらに歓声が大きくなる。興奮そのままに、Animal では、楽しく手拍子、大合唱。C'mon C'mon は、2007年発表のアルバムSongs From The Sparkle Loungeの曲。これも楽しくて笑顔になっちゃう。

ジョーが"...take you to 1983."と前置きして演奏を始めたFoolin' は、前回のライヴで初めて聴いて心奪われたせつなく美しい曲。あー、やっぱりスティーヴの曲よいわ。次はToo Late?とひそかに期待していたら、Make Looooove♪と明るいノリになって拍子抜け。でも、しっかりシングアロング(笑)。ジョーのロングトーンが会場に響きわたる。その後は期待のToo Late for Love、コーラスのハーモニーが美しい。Slang も初めて。Leppsには珍しいダンスチューンだが、ノリノリで楽しかった。そして、お待ちかねのLove Bites 、出だしのジョーのヴォーカルがか細く聴こえて、ずっこけそうになったものの、その後は持ち直して一安心。美しく幻想的なヴィヴィアンのギターソロにうっとり。

Rocket で再びパーティータイム。この曲だったか、フィルとヴィヴのギター競演も観応え、聴き応えあり。サヴの宇宙的な雰囲気のベースソロから、初めてライヴで聴くGods Of War、これが素晴らしかった!勇ましいタイトルとは裏腹に、戦いにNoというメッセージが心に響く。

ここでアコースティックタイム。ジョーが観客に呼びかける。「これから10分間、みんなもDef Leppardだ!一緒に歌ってくれ!」Two Steps Behind、前の4人が楽しそうに演奏する姿にひきこまれ、「歌って」と言われなくても口ずさんでしまうよ。メランコリックな Bringin' on the Heartbreak 、アコースティックではサビを観衆がきれいに大合唱。そして、ジョーの"No!No!"の叫びと同時にバンド演奏が始まるのが堪らない。Switch 625 は、疾走感のあるなかにメロディアスなギターが響くかっこいいインスト曲。リックの力強いドラム演奏は感動的。音だけきいたら、ハンディキャップのあるドラマーが叩いているとはとても想像できない。

後半は、大好きなHysteriaを皮切りに、まさに怒涛のヒッパレ、大合唱でテンション上がりっぱなし。ステージの前方の真ん中でHysteriaを口づさみながらベースを弾くサヴにうっとり。ステージ中央でジョー&サヴが背中合わせで演奏する姿も素敵だったし、サブ、ヴィヴィアン、フィルがドラム台の階段の上にリックを囲むように立って演奏する場面には、彼らの結束の固さが感じられてぐっときた。大好きなPour Some Sugar on Me はサイコーに楽しくて踊りまくり。本編最後のRock of Agesに至るまで、もはや会場全員がDEF LEPPARDであるかのような大合唱。なんて素晴らしい一体感!

アンコールは、Rock Rock ('Til You Drop) で元気よく終了。ロックの魔法をかけられたサイコーの二時間だった。新曲から数あるヒット曲まで畳み掛けるようにテンポよくパワフルに演奏され、息をつく暇もないほど楽しめた。

かなり前のほうで等身大のメンバーの姿が拝めたので、覚えていることを書いておきます。今回は、サヴがよく前に出ていたような気がする。何かキラキラしたオーラを感じたのは、金髪とベースのストラップのためだけではないと思う。ステージでの動きもきれいで、背筋をぴしっと伸ばしてベースを弾いたり、ドラム台の階段に片足をかけたり、観客を煽るように両腕を広げたり、後姿までも絵になる。ライヴのはじめの頃、何度か私のいたブロックの近くに来てくれて、私と友人は大喜び(笑)。ジョーも二回ぐらい煽りに来て、拳で胸をどんっと叩いたのが彼らしいというか、かっこよかった。MCでは、「どーも」を連発しているのがおかしかったけれども、震災のことにも触れ、励ましの言葉をかけてくれた。反対側にいたフィルもこちらに来てくれた。すごい筋肉隆々。でも、観客がおーっと前のめりになっても、特に煽ることもなく、ちょこっと弾いて去っていったりして、実はシャイなの(笑)?ヴィヴィアンが一番よく来てくれて、ギターを弾きながら観衆に暖かいまなざしを注ぎ、最後は観客に深く一礼した。ドラム台の上のリックはさすがに少し遠かったけれども、満足そうな微笑がときおり見えて、癒された。

Setlist:

Undefeated
Let's Get Rocked
Animal
C'mon C'mon
Women
Foolin'
Make Love Like a Man
Too Late for Love
Slang
Love Bites
Rocket
(Extended Version)
Bass Solo
Gods of War
Two Steps Behind
(acoustic)
Bringin' on the Heartbreak
(acoustic/electric)
Switch 625
(Instrumental)
Hysteria
Armageddon It
Photograph
Pour Some Sugar on Me
Rock of Ages
アンコール:
When Love and Hate Collide
Rock Rock ('Til You Drop)

今日から来日公演!Mirror Ball (DEF LEPPARD new album)

ニューアルバムといっても、新曲三曲を含むライヴアルバムです。ライヴの良さには定評のあるバンドにして初のライヴアルバム。各地でベストな録音を収録し、セットリストの順に並べたとのこと。臨場感たっぷりの流石!な内容になっています。重厚感のあるサウンドにキャッチーなメロディ、美しいコーラス。長年のファンやメタル好きな皆さんはもちろん、Hysteriaしか知らない方も、十分に楽しめると思います。ドキュメンタリーDVD付の限定盤がお勧め。日本も映っています。

実は私、よほど好きなバンドでないとライヴ盤は買わないのです。自分が観たライヴの印象に上書きされたくないという思いが強いので。とはいえ、今回のライヴ盤は、2008年の東京でのライヴの幸せ気分を思い出させてくれました。そして、アルバムに忠実な演奏のようでも、やはりライヴは生ものですね。自分の行かなかった(行けなかった)公演の音って新鮮な感じがします。

とにかくヒット曲の多いバンドなので、どこから聴いても楽しめますが、私は、Disc 1の
6. Too Late for Love
7. Foolin'

の流れが好きです。今は亡きスティーヴが偲ばれます。

さて、タイトルにも書いたように、今日の大阪を皮切りに日本公演が始まります。行って損は無いどころか、少しでも興味のある方は、ぜひ行かれることをお勧めします。私は2008年に初めて観て大感動して、翌日も当日券で観に行きました(ダブルヘッドライナーでチケット代が高かったから、一回で終わりのつもりだったのに(^^;)。

チケット等のお問い合わせは、UDOさんへどうぞ。各会場の地図や問い合わせ先電話番号等へのリンクもあります。大阪は、当日なので会場に問い合わせるのがよいかも。チケットぴあやeplusでチェックしたところ、7日のS席は完売、8日はS,Aともにまだ間に合いそうです。
11/5(土) グランキューブ大阪         17:15/18:00
11/7(月) 東京国際フォーラム ホールA  18:00/19:00
11/8(火) 東京国際フォーラム ホールA  18:00/19:00

公式Youtubeより。リハーサルの様子なども映っています。もうすぐ彼らに会えると思うとワクワクします♪

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30