無料ブログはココログ

お友達リンク

オフィシャルリンク

DURAN DURAN

My top albums 2015

(2015年ライヴまとめはこちら→http://european.air-nifty.com/sugar/2016/01/gigs-2015.html)

2015年は、こんなアルバムよく聴きました☆
順位は、好きな順というか語りたい順かな(笑)

1. DURAN DURAN - PAPER GODS
バンドサウンドとエレクトロが絶妙なバランスで収まっている、大人の踊れるロック。例えば「未来に飛び込め」と歌っておきながら、世界の終わりを彷彿とさせる内容で終わるというのも奥が深い。いろいろな解釈があると思いますが、常に貪欲に新しいものを取り入れようとしてきたDURAN DURANというバンドの来し方を見ると、古い世界が終わっても新しい世界が待っているとポジティヴに受け取りたくなる。
2. blur - THE MAGIC WHIP
前半、よく聴いたアルバム。香港など東アジアの街のざわめきや空気が幻想的に浮かび上がってくるような雰囲気があり(どこも行ったことない)、異邦人になった気分になれる。
3. IMAGINE DRAGONS - SMOKE + MIRRORS
前作よりもハードロック色が強く、エネルギッシュ。もっとも、アルバムに深みをもたらしているのは、明るくダンサブルなのにリリックは内省的なShotや切実さのある繊細なバラードDreamといった楽曲だと思う。
4. DEF LEPPARD - DEF LEPPARD
LEPPSらしいポップさが前面に出ているのが良い。明るい曲調なのに泣きそうになるLet's Go, 一人一人の個性と結束の強さを同時に感じさせるWe Belong、グルーヴ感たっぷりのMan Enough、アイリッシュ風のLast Danceなど聞きどころ満載。
5. NOTHING BUT THIEVES - NOTHING BUT THIEVES
UKの大型新人ロックバンド。クラシックロックの味わいと若者らしい鋭さが魅力的。ヴォーカルのコナーの声は絶品です。

上記5枚に比べると聴いた回数は少ないものの、印象に残ったのは、
6. EDITORS- IN DREAM
ダークなのに癒しの霧の中でまどろんでいるような心地よさがあってよかったです。ただ、個人的にはもっとバンド色が欲しかった。
7. F・F・S (FRANZ FERDINAND SPARKS)
ダンサブルでちょいワル大人(笑)を気取ってる感じが面白い。コラボならではの(よい意味での)ぶつかり感もあります。

ほかにも、BRYAN ADAMSは、初期のみずみずしさが戻ってきたような感じが良かったです。ARMIN VAN BUURENは、グッドメロディのヴォーカル曲ばかりでピコピコ感は少なく、EDM特別興味のない方にも聴きやすいと思います。STEREOPHONICSは、彼ららしい骨太ながらポップなロックが聴けます。ただ、前作が好きすぎた分、ヘビロテには至りませんでした。

ちなみに、2015年に聴いたアルバムは、The Scriptの日本盤(アルバム自体は、輸入盤を2014年に購入、鑑賞済み)を含め、18枚でした。


DURAN DURAN's A DIAMOND IN THE MIND

久しぶりの記事です。ノエルのライヴの後ぐらいから風邪をひいてしまい、二週間ぐらいゴホゴホしていました。おかげさまで、ようやく治ったので、そろそろブログも復活です。

DURAN DURANのマンチェスター公演(2011年11月)を収録したライヴDVD、A DIAMOND IN THE MIND日本盤が、ワードレコーズさんより6月20日に発売になります!
(ブルーレイ、DVD、ライヴCD、後述する最新アルバムとのパッケージなど、いろいろなバージョンがあるので、購入前にご確認ください。AmazonTower RecordsHMV等でも購入できます。)

公式YoutubeにトレイラーがUPされていました。

実は私、このライヴDVDの舞台となったマンチェスターアリーナで、DURAN DURANのライヴを観た事があります。ビデオに映っている会場近くの風景を見て、懐かしさがこみ上げてきました。2005年、まだアンディ・テイラーが居た頃です。マンチェスターアリーナは、一万数千人は収容できる巨大会場なのに音響がよく、観衆も熱く、ライヴは素晴らしく盛り上がりました。観衆の熱狂振りはバンドメンバーにも伝わったらしく、ジョンやサイモンの興奮した面持ちは、7年(!)たった今でも思い出せるぐらいです。

きっと今回のDVDも見応えたっぷりなことでしょう。ただ、アンディが居ないのかと思うとさびしくもありますね。サポートギタリストのドム・ブラウンは、最新アルバムの曲作りにも参加しており、アンディ時代の曲もウォーレン時代の曲も違和感なく弾きこなす、現在のDURAN DURANに、これ以上合う人はいないと思えるほどのプレイヤーなのですが・・・。

さらに、昨年発売されたアルバムAll You Need Is Nowの日本盤も同時発売になります。ようやくって感じですね。すでに輸入盤を買ってしまったのですが、「UK盤、US盤、LPなどそれぞれに収録されていたボーナストラックを収録した日本限定2CD仕様!」ということなので、楽しみにしておこうと思います。

Girl Panic! (Duran Duran New video)

パソコンの調子が悪くて嫌になってしまい、二週間近くブログの更新をサボってしまいました。この間、遊びにいらしてくださった皆様、ありがとうございました。パソコンのほうは、長時間使用するとかしなければ大丈夫そうなので、気合を入れなおして(笑)更新したいと思います。

今回は、久々のDURAN DURANネタです。
UKアリーナツアーがはじまりましたね!それに先立ち、先月、ニューシングルGirl Panic!のビデオが発表されています。ナオミ・キャンベル、シンディ・クロフォード、ヤスミン・ル・ボンなど元祖スーパーモデルたちが、DURAN DURANのメンバーに扮して演奏(の真似事)やインタビューなどを行うというゴージャスかつユニークなもの。DURAN DURANのメンバーのメンバーも、随所に登場します。
欧米のファッション業界でも話題となり、350万回以上のyoutube視聴回数を達成したそうです。

こちらでメイキングビデオも視聴できます。

White-Screen

シングル曲のビデオにしては9分超えと長いので、お時間のあるときに視聴することをお勧めします。

私の感想はというと、かなり斬新な発想と思いますし、凝ったつくりで豪華な気分が味わえます。ただ、スーパーモデルをフィーチャーするあまり、曲の素晴らしさを印象付けるものになっていないように思えて残念です。

やっぱりDURAN DURANは、ライヴが断然いい!と思う私は、今年4月に行われたコーチェラでの映像を添付しておきます。思わず踊りだしたくなるような素敵なダンスナンバーです。特に、シンセの音色がDURAN DURANらしくて好きです。

ALL YOU NEED IS NOW out on i Tunes!

DURAN DURANのニューアルバムAll You Need Is Nowが12/21よりiTuneストアで発売開始となりました!

iTunesストアへの直リンクは、こちら。アルバム試聴もできます。

嬉しいことに、各国でのiTunesアルバムチャートでも好調な売れ行きを見せているようです。
iTunes Store Top 10 Albumsによれば、現時点でUS、UKで二位、カナダ、ドイツ、イタリア等で一位、日本でも六位と大健闘ですね。発売日以来、Duran Duranやジョン・テイラーの公式Twitterで各国チャートでの動きをツイートしていて面白いです。ジョンは、Blackberry使っているのね。

私も早速ダウンロードしました。まだ全部聴いていないので、アルバムレヴューは、明日にでも書きたいと思います。今日は、アルバムのタイトルトラックAll You Need Is Nowのビデオをご紹介します。かなーりかっこよく仕上がっていますよ♪ただ、ブログの枠のせいで端っこが切れてしまうので、完全な映像が見たい方は、こちらでどうぞ♪Enjoy!

Roger and John (DURAN DURAN) on Sky News

DURAN DURANのロジャー&ジョンが、スカイニュースに出演。新アルバムについて語っています(シングルのデジタル配信について、期間限定で無料という話がありますが、残念ながら日本では有料です)。司会者の「原点回帰になるのですか?」との質問に対し、ジョンは"Renewed Romantics"と答えているようですが、上手い表現ですね。80年代に発表された初期作品(プロデューサーのマーク・ロンソンは、特にRIOが好きらしい)のサウンドをモダンによみがえらせたという感じなのかしら。新しいPVも一部公開されています。メンバーの表情がいいですね。はやく全部みたい!

ところで、「ジョン、そのヘアスタイルどーよ?」と思っていたら、最後にやっぱり突っ込まれていました(笑)。

シングル“All You Need is Now”iTunesにて配信開始!

Mzi_duawrmbv_170x17075

DURAN DURANの新アルバムからの先行シングルAll You Need is Nowが、iTunesストアで購入できるようになっています!来週に発売の予定が一週間早まったそうです。
ここから試聴&購入できます。)

さっそく購入しました。ダークトーンなエレクトロ風サウンドで始まり、サビでは一転してポップで伸びやかな曲調になるという、面白いつくりになっています。ライヴでどんな風に演奏されるのか楽しみです。

12月21日には、いよいよアルバム本体(9曲入りデジタルパッケージ)の配信が開始されます。「ワールドワイド配信」のなかに日本のiTunesも入っているのか半信半疑でしたが、今回、先行シングルがちゃんと配信されたところを見ると、他国のファンと同じタイミングでアルバムをゲットできそうです!わくわく♪

DURAN DURAN "ALL YOU NEED IS NOW"

どーもご無沙汰です。急に仕事等で忙しくなり、ブログを書く気力が失せていました。週末も近くで地味に過ごしていて、書くネタがなかったというのもあります。来週は、ライヴ参戦の予定が二回もあるので楽しみです♪

さて、本題です。DURAN DURANの13枚目のアルバム”ALL YOU NEED IS NOW”が発売になります!プロデューサーのマーク・ロンソンKAISER CHIEFSのニックも参加したレコーディング風景がDuran Duranの公式Youtubeにアップされたのが2009年5月。その後は、断片的な情報は入るものの、肝心のリリース情報は何も発表されないまま待たされること一年半以上。長かった~!日本での発売はどうなるのかわかりませんが、世界的には、12月21日に9曲入りのデジタルパッケージがiTunes Storeで配信開始、2011年2月には、13曲いりのCDがリリースされる予定です(詳しくはこちら)。

すでに英米のラジオやテレビ等で新曲が少しずつオンエアされていますので、ご紹介します。これらの音源を聴いた限りでは、前回のアルバム”RED CARPET MASSACRE”がシンセを多様したエレクトロな仕上りだったのに対し、今回はロックバンドらしいグルーヴが戻ってきたのかな~と期待してしまいます♪

新アルバムのタイトルトラック。ポップで親しみやすい感じ。映像は、VH1で放送されたものでしょうか。ライヴ映像は、2007年のロンドン・Lyceum Theatreのコンサートの再利用(笑)ですね。

新アルバムのプロデューサー、マーク・ロンソンがDJを務める米国のラジオ番組(East Village Radio)で紹介された曲です。初期の作品の雰囲気が感じられます。

そして、KAISER CHIEFSのニックが参加した曲がどんな感じに仕上がっているのかも気になります・・・(当時は、マークは「二曲は入れる」と言っていたけど、実際に収録されたのかどうかちょっと不安だったり・・・^^;)。

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30