無料ブログはココログ

お友達リンク

オフィシャルリンク

EDM/TRANCE

My top albums 2015

(2015年ライヴまとめはこちら→http://european.air-nifty.com/sugar/2016/01/gigs-2015.html)

2015年は、こんなアルバムよく聴きました☆
順位は、好きな順というか語りたい順かな(笑)

1. DURAN DURAN - PAPER GODS
バンドサウンドとエレクトロが絶妙なバランスで収まっている、大人の踊れるロック。例えば「未来に飛び込め」と歌っておきながら、世界の終わりを彷彿とさせる内容で終わるというのも奥が深い。いろいろな解釈があると思いますが、常に貪欲に新しいものを取り入れようとしてきたDURAN DURANというバンドの来し方を見ると、古い世界が終わっても新しい世界が待っているとポジティヴに受け取りたくなる。
2. blur - THE MAGIC WHIP
前半、よく聴いたアルバム。香港など東アジアの街のざわめきや空気が幻想的に浮かび上がってくるような雰囲気があり(どこも行ったことない)、異邦人になった気分になれる。
3. IMAGINE DRAGONS - SMOKE + MIRRORS
前作よりもハードロック色が強く、エネルギッシュ。もっとも、アルバムに深みをもたらしているのは、明るくダンサブルなのにリリックは内省的なShotや切実さのある繊細なバラードDreamといった楽曲だと思う。
4. DEF LEPPARD - DEF LEPPARD
LEPPSらしいポップさが前面に出ているのが良い。明るい曲調なのに泣きそうになるLet's Go, 一人一人の個性と結束の強さを同時に感じさせるWe Belong、グルーヴ感たっぷりのMan Enough、アイリッシュ風のLast Danceなど聞きどころ満載。
5. NOTHING BUT THIEVES - NOTHING BUT THIEVES
UKの大型新人ロックバンド。クラシックロックの味わいと若者らしい鋭さが魅力的。ヴォーカルのコナーの声は絶品です。

上記5枚に比べると聴いた回数は少ないものの、印象に残ったのは、
6. EDITORS- IN DREAM
ダークなのに癒しの霧の中でまどろんでいるような心地よさがあってよかったです。ただ、個人的にはもっとバンド色が欲しかった。
7. F・F・S (FRANZ FERDINAND SPARKS)
ダンサブルでちょいワル大人(笑)を気取ってる感じが面白い。コラボならではの(よい意味での)ぶつかり感もあります。

ほかにも、BRYAN ADAMSは、初期のみずみずしさが戻ってきたような感じが良かったです。ARMIN VAN BUURENは、グッドメロディのヴォーカル曲ばかりでピコピコ感は少なく、EDM特別興味のない方にも聴きやすいと思います。STEREOPHONICSは、彼ららしい骨太ながらポップなロックが聴けます。ただ、前作が好きすぎた分、ヘビロテには至りませんでした。

ちなみに、2015年に聴いたアルバムは、The Scriptの日本盤(アルバム自体は、輸入盤を2014年に購入、鑑賞済み)を含め、18枚でした。


Gigs 2015 and my Top 5

2015年も元気にライヴに行きました。
回数はあまり多くないですが、フェスが三回あるので、観たライヴアクトは17組・・・と、それなりに(笑)観たかな。どの公演も素晴しく、たくさんの感動と刺激を頂きました。特に好きだったライヴアクトは、

1. DEF LEPPARD
武道館の一階席でステージから遠かったにも関わらず、今年一番「もってかれた」感がありました。演奏、ステージング、照明やスクリーンの演出など、ワールドツアー初日にふさわしいスケールの大きさで圧巻でした。聴衆との一体感も素晴らしく、武道館全体が一つのファミリーのような感覚さえ覚えました。
もう一つ、LEPPSが凄いのは、ライヴの魔力を感じさせてくれるところ。彼らのライヴに行くと、「またLEPPSを観たい」のみならず、ライヴに行きたい!になるのです。
2. THE SCRIPT
6年ぶりの来日公演、海外との人気格差の大きく、もう来ないだろうと思っていただけに嬉しかったです。単独も素晴らしかったですが、サマソニでは、広いマリンにダニーの伸びやかな歌声と力強い演奏が響き、感無量でした。
3. F・F・S
SPARKSとFRANZ FERDINAND、大ベテランとアラフォーの真剣なお遊びコラボバンドが観客を沸かせる様子に感動。年齢関係なく、いろいろな可能性はあるのねと元気づけられました。
4. EUROPE
感想は、こちら
5. LEVEL 42
ビルボードライヴでたっぷり90分、グルーヴ感たっぷりの名演奏に浸りました。

Paul McCartneyNile Rogersといったレジェンドのステージが観られたのも貴重な経験でした。ポールはステージが遠すぎたけれども、Hey Judeで泣いたわ。ナイルは、CHICの曲のみならず、DURAN DURANやMADONNAの曲も演奏してくれて嬉しかったです。

2015年に行ったライヴの一覧はこちらです。レポがあるのは、ElectroxとEUROPEだけ(すみません^^;
1月
ELECTROX (Armin Van Buuren, Above & Beyond, New World Punx)
EUROPE (play "Wings of Tomorrow" and best hits) at Club Citta Kawasaki
Kawasaki Rock City vol. 3 (EUROPE, TREAT)
THE SCRIPT at Akasaka Blitz
2月
LEVEL 42 at BBL Tokyo
OK GO at Akasaka Blitz
4月
MEW acoustic live at Apple Store Omotesando
Paul McCartney at Tokyo Dome
8月
Summer Sonic
Day 1: KODALINE, MANIC STREET PREACHERS (play Holy Bible)
Hostess Club All-Nighter: F・F・S
Day 2: MAGIC!, THE SCRIPT, IMAGINE DRAGONS, MEW

11月
DEF LEPPARD at Budokan and Sendai
12月
CHIC feat. Nile Rodgers at Zepp DiverCity

electrox 2015 (アーミン/Armin Van Buuren and others)

electrox 2015公式サイト
出演者紹介はこちら。ライヴ映像へのリンクもあります。
mikiki

世界の超人気DJ&プロデューサー、アーミン・ヴァン・ブーレン見たさに参加しました。アーミンを知ったのは、2013年にオランダ国王即位式の映像をネットでチェックしているうちに、関連イベントでのオーケストラとの共演映像をみつけたのがきっかけです。クラシックにも通じる美しい旋律と知的でさわやかな笑顔が気になって(*^_^*) その約一年後、UMFマイアミのネット中継を観て、彼のライヴの美しさ、楽しさの虜になり、ぜひとも生で観たいと思っていました。他にも、KlaxonsやUK注目の新人(らしい)Clean Banditも観たかったのですが、出演時間がアーミンと被ったので残念ながら断念。

冬の大規模フェスは初参加で、服装にはけっこう悩みました。Twitterの書き込みなどではクローク混むって書いてあるし、終演時間22時と遅いし・・・。結局、預けなくてもすむように荷物はコンパクトに纏め、会場内では、外で羽織っていた中綿ジャケットを腰巻きにしていました。途中、寒くなってきたので、小さい貼るカイロを腰にペタ。

会場に着いたのは夕方5時過ぎ。すでにメッセのロッカーは満杯。さすがに皆さん会場入りしていたようで、すぐに入場できました。中に入ってまず思ったのは、客層が若い。服装がオシャレだったり、仮装大会だったり・・・と様々で面白い。

まずフードエリアで軽くご飯。ドリンクバーは激混みで並ぶのは断念。フードエリアの屋台でドリンクも買えたのは助かった(ドリンクチケットは使えない)。

屋外の通路を通って(ジャケット預けなくてよかった!)、メインステージに到着。マーカス・シュルツとフェリー・コーステンのユニット、New World Punxが既にショーを始めていました。フェリーは、Duran Duranのサイモン・ルボンとのコラボ等で名前を知っていたので、今回観れて嬉しかったです。ビートが効いているのにどこか優しくて、すっと音の世界に入って行けました。ときおり、両サイドのスクリーンに二人のプレイ中の映像が映るのですが、二人が代わる代わるレバー?ボタン?を動かして音を調整する手元に驚嘆。息があってないとできないね。

観た場所は、中央ブロックのPAとステージとの間の真ん中辺、右側の柵のところ。DJさんたちはかなり高いところでプレイしていて、観やすくて嬉しかった。近くでは、スタジャンを羽織った若い男性が、音に合わせて華麗なステップを踏んでいる。こういうクラブっぽい感じはいいなあ。

ライヴ終了後、ドリンクを買いにバーカウンターまで行ったものの、待つ人ぎっしりであえなく挫折(けっきょくドリンクチケットは無駄になった)。

Above & Beyond
彼らのステージも、UMF2014で観て気に入っていた。美メロで心地よい感じが好き。バックや左右のスクリーンも全てイメージ映像で、自分たちを映さない控えめさは、今時めずらしいかも。観衆に向け、スクリーンに歌詞やメッセージが映すだけでなく、手書きの紙を見せていたのが微笑ましかった。

さて次は、いよいよアーミン。本日のメインアクトだけあって、どんどん観衆が増えてきた。

Armin Van Buuren
凄かった・・・!DJの概念を超えるパフォーマンスでした。パワフルで美しく、時に切なさも感じさせるセット。「初めて日本に来たのは15年前。今回、初めて大規模なショーができて嬉しいよ」などと語っただけあって、ラピュタや浜崎あゆみの曲まで滑り込ませて、しっかり日本のファンにアピール。腕につけたコントローラーで照明までも操り、映像と一体化してアーミンの世界を表現。さらに、キラキラした紙が降ってきたり、クライマックスでは火柱上がったり、スケールの大きな海外でのショーをそのまま日本に持ち込んでくれた感じ。同時に、目の前のファンを指さしたり、観衆の参加できるようなアクションを入れるなど、ファンとの交流を大切にしていたのも印象的。アーミンと一緒に指で♡マークをつくり、その後華やかに曲のイントロが流れたときは、気分が高揚したわ〜。"Everybody, sit down!"と呼びかけ、アーミンの合図で皆でジャンプ!かなりロックのライヴに近い感覚かも。最後は、皆で、米国グラミー賞にもノミネートされたThis Is What It Feels Likeを大合唱。楽しかった〜!

帰りは、サマソニほど混むことは無く、来た電車にすんなり乗れてほっと一息。

初のEDM系フェス、若い人たちのようにファッションで遊べなくても、音楽や有名DJのパフォーマンスで大人でも楽しめると思いました。巨大クラブ状態だから、もちろん軽く踊ってもいいし。ただ、床にプラスティックカップが散らばっていたり、喫煙場所のルールが徹底されていなかったりしたので、足下や周りには注意が必要でした(この辺は改善されてほしい)。

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30