無料ブログはココログ

お友達リンク

オフィシャルリンク

FRANZ FERDINAND

My top albums 2015

(2015年ライヴまとめはこちら→http://european.air-nifty.com/sugar/2016/01/gigs-2015.html)

2015年は、こんなアルバムよく聴きました☆
順位は、好きな順というか語りたい順かな(笑)

1. DURAN DURAN - PAPER GODS
バンドサウンドとエレクトロが絶妙なバランスで収まっている、大人の踊れるロック。例えば「未来に飛び込め」と歌っておきながら、世界の終わりを彷彿とさせる内容で終わるというのも奥が深い。いろいろな解釈があると思いますが、常に貪欲に新しいものを取り入れようとしてきたDURAN DURANというバンドの来し方を見ると、古い世界が終わっても新しい世界が待っているとポジティヴに受け取りたくなる。
2. blur - THE MAGIC WHIP
前半、よく聴いたアルバム。香港など東アジアの街のざわめきや空気が幻想的に浮かび上がってくるような雰囲気があり(どこも行ったことない)、異邦人になった気分になれる。
3. IMAGINE DRAGONS - SMOKE + MIRRORS
前作よりもハードロック色が強く、エネルギッシュ。もっとも、アルバムに深みをもたらしているのは、明るくダンサブルなのにリリックは内省的なShotや切実さのある繊細なバラードDreamといった楽曲だと思う。
4. DEF LEPPARD - DEF LEPPARD
LEPPSらしいポップさが前面に出ているのが良い。明るい曲調なのに泣きそうになるLet's Go, 一人一人の個性と結束の強さを同時に感じさせるWe Belong、グルーヴ感たっぷりのMan Enough、アイリッシュ風のLast Danceなど聞きどころ満載。
5. NOTHING BUT THIEVES - NOTHING BUT THIEVES
UKの大型新人ロックバンド。クラシックロックの味わいと若者らしい鋭さが魅力的。ヴォーカルのコナーの声は絶品です。

上記5枚に比べると聴いた回数は少ないものの、印象に残ったのは、
6. EDITORS- IN DREAM
ダークなのに癒しの霧の中でまどろんでいるような心地よさがあってよかったです。ただ、個人的にはもっとバンド色が欲しかった。
7. F・F・S (FRANZ FERDINAND SPARKS)
ダンサブルでちょいワル大人(笑)を気取ってる感じが面白い。コラボならではの(よい意味での)ぶつかり感もあります。

ほかにも、BRYAN ADAMSは、初期のみずみずしさが戻ってきたような感じが良かったです。ARMIN VAN BUURENは、グッドメロディのヴォーカル曲ばかりでピコピコ感は少なく、EDM特別興味のない方にも聴きやすいと思います。STEREOPHONICSは、彼ららしい骨太ながらポップなロックが聴けます。ただ、前作が好きすぎた分、ヘビロテには至りませんでした。

ちなみに、2015年に聴いたアルバムは、The Scriptの日本盤(アルバム自体は、輸入盤を2014年に購入、鑑賞済み)を含め、18枚でした。


Gigs 2015 and my Top 5

2015年も元気にライヴに行きました。
回数はあまり多くないですが、フェスが三回あるので、観たライヴアクトは17組・・・と、それなりに(笑)観たかな。どの公演も素晴しく、たくさんの感動と刺激を頂きました。特に好きだったライヴアクトは、

1. DEF LEPPARD
武道館の一階席でステージから遠かったにも関わらず、今年一番「もってかれた」感がありました。演奏、ステージング、照明やスクリーンの演出など、ワールドツアー初日にふさわしいスケールの大きさで圧巻でした。聴衆との一体感も素晴らしく、武道館全体が一つのファミリーのような感覚さえ覚えました。
もう一つ、LEPPSが凄いのは、ライヴの魔力を感じさせてくれるところ。彼らのライヴに行くと、「またLEPPSを観たい」のみならず、ライヴに行きたい!になるのです。
2. THE SCRIPT
6年ぶりの来日公演、海外との人気格差の大きく、もう来ないだろうと思っていただけに嬉しかったです。単独も素晴らしかったですが、サマソニでは、広いマリンにダニーの伸びやかな歌声と力強い演奏が響き、感無量でした。
3. F・F・S
SPARKSとFRANZ FERDINAND、大ベテランとアラフォーの真剣なお遊びコラボバンドが観客を沸かせる様子に感動。年齢関係なく、いろいろな可能性はあるのねと元気づけられました。
4. EUROPE
感想は、こちら
5. LEVEL 42
ビルボードライヴでたっぷり90分、グルーヴ感たっぷりの名演奏に浸りました。

Paul McCartneyNile Rogersといったレジェンドのステージが観られたのも貴重な経験でした。ポールはステージが遠すぎたけれども、Hey Judeで泣いたわ。ナイルは、CHICの曲のみならず、DURAN DURANやMADONNAの曲も演奏してくれて嬉しかったです。

2015年に行ったライヴの一覧はこちらです。レポがあるのは、ElectroxとEUROPEだけ(すみません^^;
1月
ELECTROX (Armin Van Buuren, Above & Beyond, New World Punx)
EUROPE (play "Wings of Tomorrow" and best hits) at Club Citta Kawasaki
Kawasaki Rock City vol. 3 (EUROPE, TREAT)
THE SCRIPT at Akasaka Blitz
2月
LEVEL 42 at BBL Tokyo
OK GO at Akasaka Blitz
4月
MEW acoustic live at Apple Store Omotesando
Paul McCartney at Tokyo Dome
8月
Summer Sonic
Day 1: KODALINE, MANIC STREET PREACHERS (play Holy Bible)
Hostess Club All-Nighter: F・F・S
Day 2: MAGIC!, THE SCRIPT, IMAGINE DRAGONS, MEW

11月
DEF LEPPARD at Budokan and Sendai
12月
CHIC feat. Nile Rodgers at Zepp DiverCity

Franz Ferdinand at Tokyo Int'l Forum (9 Nov 09)

Franz Ferdinand (フランツ・フェルディナンド) (レーベル公式サイト)

今夜の席は1階11列目。2月のZepp Tokyoのときに比べるとステージから少し遠くなってしまって寂しい。でも、演奏を楽しむにはいいかもね。そんなことを考えつつ、退社後、有楽町駅で友人と待ち合わせ。前座があるからとのんびり食事を楽しんでいたら、7時をまわってしまい焦って会場へ。

オープニングアクトのKISSOGRAMの演奏が終わり、20分とアナウンスされた休憩時間が終わってもなかなか始まらない。幕間のBGMが途切れ、観客の歓声が大きくなったところで、メンバーがステージに登場。Welcome back to Japan, Guys! アレックス(ヴォーカル&ギター)は、ボーダーのTシャツ姿。カジュアルでも素敵 (Kaiser Chiefsの今夏のツアーとおそろい?…なわけないか(笑)。ニック(ギター、キーボード、ヴォーカル)は前回見たときよりかっこよくなっていてドキッ。

オープニングは、Michael!このダンサブルでセクシーな曲を聴いたら、もう踊らずにはいられない。息のあった迫力のある演奏でたたみかけるようにBite HardThis Fire、こんなにキャッチーでノリのよい曲を惜しげもなく続けていいの?次は、Live Aloneでスローダウン。まず、サビをゆっくり歌いあげるアレックス。深みのある声がきれいに響いてうっとり。Can't Stop Feeling では、スクリーンにセクシーに踊る女性たちのシルエットを映す演出が面白い。そしてMatinee!心浮き立つようなリズミカルなサビが楽しい。Take Me Outで場内大合唱の後は間髪入れず、ボブの印象的なベースとささやくようなポールのドラムでスタートするUlysses!ここで館内の熱狂は最高潮に達し、もはやホールというよりライヴハウス状態。

アンコールは、2月には演奏のなかったJacquelineでスタート。Van Tangoでは、ニックとアレックスの威勢のいいヴォーカルの掛け合いが楽しい。ライヴの終焉に向かい、ロックな熱狂を引き継ぐよりも、だんだんクラブ系のノリになり、Lucid Dreamsでは、テクノポップのようにシンセの打ち込み音をフィーチャーするという興味深い演出。それでもなぜか熱が冷めないのよね。演奏が終わりに近づくとメンバーが一人ずつステージを去り、最後まで力強くドラムを叩き続けたポールがステージを去るとき、故マイケル・ジャクソンのThrillerの不気味な笑い声がバックに流れた。オープニングにMichaelを持ってきたのは、やはり故マイケルへのトリビュートだったのね。そして、全員が再びステージに戻り、手をつないで観衆に頭を下げる。こちらこそありがとう。元気をたくさんもらったよ。

Setlistは以下の通り。Smashing Magより頂きました。
-- set list -- (注:原文通り。The Scottish Song=Take Me Out)
Michael / Bite Hard / This Fire / Live Alone / Walk Away / Tell Her Tonight / Can't Stop Feeling / Matinee / No You Girls / Do You Want To? / The Scottish Song / Ulysses / Outsiders
-- encore --
Jacqueline / Van Tango / What She Came For / Lucid Dreams

最新アルバムTonightからの曲が多いのは、この作品が大好きな私としては嬉しい。もっとも、アルバム全体のトーンはかなり暗く、孤独やせつな的な感じがつきまとうのに、ライヴで聞くと元気になる。やはり生演奏の迫力やバンドとファンが作り出すライヴ会場の熱気は特別なのね。

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30