無料ブログはココログ

お友達リンク

オフィシャルリンク

KAISER CHIEFS

謹賀新年 / My best live acts 2012

あけましておめでとうございます。
昨年、ブログにお越し下さった皆様、ありがとうございました。
今年もなんとか続けて行きたいと思います。
よろしくお願いいたします。

さて、今年のギグの前に、2012年のまとめを書いておきます。
昨年は、FOSTER THE PEOPLE、HOWARD JONES、BRYAN ADAMS、KAISER CHIEFS(+ FIXERS、FRANKIE & THE HEARTSTRINGS)、JAMES MORRISON、MANIC STREET PREACHERS、NOELGALLAGHER'S HIGH FLYING BIRDS、VIOCE OF AOR (Bobby Kimball (ex. Toto)、 Bill Champlin (ex. Chicago)、Fergie Frederiksen (ex. Toto)、Steve Augeri (ex. Journey)、[Band] LEGENDS (from Sweden)、HOSTESS CLUB WEEKENDER (The Cribs, Mistery Jets, Cloud Nothings)、GREEN DAY、SOMMERSONIC 2012 (New Order, Tears For Fears, Foster The People、Cast, The Cardigans)、KEANE、NICKELBACK、DANIEL POWTER、フェスやイベントも入れて15公演、観たバンド/アーティストは、24組でした。ジェイムズ・モリソンとホステスクラブは多忙のため、ニックルバックとダニエル・パウターは、ニックのカイザー・チーフス脱退で放心状態だったため、レポートを書く時期を逸してしまいましたが、それぞれに楽しませて頂きました。

昨年は、ManicsやHoward Jonesのように2回で1セットという公演もあり、ライヴごと選ぶのが難しいので、特に印象に残ったライヴアクトにします。バンド名もしくは、()内の会場名 or 日程のリンクをクリックすれば、ライヴレポートに飛びますので、よろしければどうぞ♩

1. KAISER CHIEFS (ブリストル, ロンドンハマースミスアポロ)
2. KEANE
3. GREEN DAY
4. NEW ORDER @ Summersonic 2012
5. MANIC STREET PREACHERS (初日二日目)
6. BRYAN ADAMS
7. HOWARD JONES
8. NOELGALLAGHER'S HIGH FLYING BIRDS
9. NICKELBACK
10. TEARS FOR FEARS@Summersonic 2012

ライヴ数から言ったらTop 5ぐらいかなと思ったのですが、Top 6とか7になってしまうので、ならば、切りのよいところでTop 10にしてしまえと(笑)。英国まで観にいったカイザー・チーフスは、やはり思い出深いです。リッキーとニックのAngry Mobでのアカペラとか、今でも鮮明に思い出します。キーンは、できればもう一回ぐらい観たいな。サマソニで観たニューオーダーは、生演奏を聴いて初めて彼らの創造性や先進性を実感したという意味で衝撃でした。TEARS FOR FEARSの来日も嬉しかった!ぜったい生で観る機会はないと思っていましたもの。

そう、ある意味、音楽界に「絶対」は無いと実感した一年でもありました。ずっと一緒だと思っていたカイザー・チーフスから、まさかのニックの脱退...。メインソングライターでもあった彼がバンドを去ったことで、一つの時代の終わりのような感すらあります。新生カイザー・チーフスがどうなるのか?よりも、ずっと応援してきた5人組がこうなってしまい、喪失感の大きさに戸惑っています。ただ、仲違いではないようですし、何でもありの音楽業界、よい形で再びあの5人が集うという希望も捨てないでおきます。

ニックがカイザー・チーフスから脱退/ Nick Hodgson left KAISER CHIEFS

MESSAGE TO THE KC FANS
(ニックからのカイザー・チーフスファンへのメッセージ)

RO69: カイザー・チーフスからニック脱退……

The Guardian: Kaiser Chiefs songwriter leaves band
(英ガーディアン紙「カイザー・チーフスのソングライターがバンド脱退」)

Contactmusic.com: Kaiser Chiefs Founder Nick Hodgson Quits Band After 15 Years(コンタクトミュージック:カイザー・チーフス創立者ニック・ホジソンがバンド脱退)

衝撃の発表から早一週間、心にぽっかり穴が開いたようです...。

カイザー・チーフスを好きになったのは、FMから流れてきたI Predict A RiotRubyを聴いたのがきっかけでした。雑誌やネットでバンドの写真や映像を見て、一番すてき!と思ったのがニックでした。その彼がソングライティングの中心と知り、ますます惹かれていったわけです。ライヴでも演奏全体をコントロールしていて、シンガーのリッキーに「安心して暴れてこい」といっているようで頼もしく、正確なドラムビートを刻みながら、コーラスどころかツインヴォーカルと言ってもいいぐらいに歌う姿が大好きでした。リッキーとのハーモニーもライヴの大きな楽しみでした。Angry Mobで二人がアカペラで歌い、ニックがドラムを一打すると同時にリッキーがハイジヤンプ!という演出は、いつ観てもワクワクしたものです。ドラムの魅力を教えてくれたのもニックでした。それまでは、華やかなドラムソロにしか関心がなかったのに、ビートの気持ちよさを意識するようになりました。3rdアルバムぐらいからドラミングが少し変わってきて、それまでは歌優先でドラムは控えめだったのに、耳に残る印象的なフレーズが増えてきたように思え、ドラマーとしてのニックも楽しませてもらっていたのに…。

ガーディアンの記事がほのめかしているように、お父様のご病気(認知症)をきっかけに、ニックの中で何かが変わってしまったのでしょうか。引用元となっているGigwiseのインタビューは、アルバムThe Future Is Medievalの発売時のものですが、このアルバムに収録されているIf you will have meという曲を聴いたとき、ニックの悲しみが伝わってきてやるせなかったです。"If you will have me, I want to be the boy in the photograph. "(あなたが受け入れてくれるなら、僕は写真の少年になりたい)というのは、相当に辛い状況ではないかと...。

ただ、こうしてインタビューに答えたり、自分の想いを歌にしたということは、少なくとも気持ちの落ち着き先をみつけたのかとも思いました。Fuji Rockのときは、これぞカイザー・チーフス!というライヴを見せてくれたし、UKツアーのときも生き生きとしていて、とても脱退を考えているようには見えなかった...。

最近のニックのツイートを見ると、自分の新しいレーベルBirthday Recordsに力を入れているようです。結局のところ、クリエイターでありたいという気持ちが勝ってしまったのでしょうか...?

写真は、私がブリストル公演で撮ったもの。ライヴでのニックの勇姿は、もう観られないのでしょうか...?

Nick_bristol

Happy Birthday, Mr. Nick Hodgson!

Nickhodgsonofkaiserchiefsreadingfes

今日10/20は、カイザー・チーフスのドラマー&メインソングライターのニック・ホジソン氏の35回目のお誕生日です♪

画像は、今年8月に行われたレディングフェスのときの、ニックの雄姿(*^_^*)
大きなサイズの画像は、こちら↓で見られます。
contactmusic

今はバンドはオフのようで、情報が少なくてさびしいです。リッキーやサイモンは、Twitterでヴァカンス中の写真とかupしてくれていますが、ニックはそれほどマメではないらしい(苦笑)。もっとも、今日は、「バースデイメッセージありがとう」と久しぶりにつぶやいていました。同じ日に生まれたクリブスのガリー&ライアンにも、ハッピーバースデイとつぶやいていましたね。仲良しだなあ。

ところが、ネットで引っかかったNMEの記事を読んだら、最後に見逃せない情報が!
なんと「バンドは、次のアルバムづくりを始めている」とのこと!
NME

現実的には、来年のUKツアーや南米でのフェス参加があるから、レコーディングはその後(もしくは、2013年の夏フェスの後?)になるのでしょうか。その前に、日本にも来てほしいわぁ。

London 2012 Closing Ceremony(閉会式の感想)

がんばって早起きして生放送観ましたよ。出演予想はTwitterでチェックしていたのですが、
久しぶりに観たMadness、サックス吹きながら宙吊りとか、ヴェテランでもさすがの芸人魂。
Pet Shop Boysの衣装にはびっくりしつつも、涼しい顔で意外なことをしてくれるのは彼ららしい。演奏曲が大好きなWest End Girlsで幸せ。

blurのParklife、曲だけではなく、本人たちも居てほしかったな。

Ray Daviesが歌うTHE KINKSの曲が聴けてよかった。好きなバンドのカバー等で知ることが多く、本物のライヴを聴くのは初めてだったので。Fuji Rockで来日していたのよね。行けなかったけど。

John Lennon Imagine、やはり、この曲はぐっとくる。リバプールのクワイヤーの皆さん、歌いながら手話でも表現していたように見えた。

そして、待ちに待ったKAISER CHIEFS!THE WHOPimball Wizardのカバー。ホワイティーの鋭いカッティングのギターが響き渡るなか、モッズスクーター集団を従えて登場したリッキー、かっこいい!ステージに到着してからのニックとの掛け合い、痺れたぁ!ドラムもかっこよかったし(上手く形容できない自分がもどかしい)、なんといっても、カイザー・チーフスの演奏が会場全体に大音響で響き渡るのが気持ちよかった。もちろん原曲が素晴らしいのだけれども、KCバージョンもよかった。

こちら↓で大きな映像が観られます(お早めにどうぞ)。

http://vimeo.com/47494658

次の(個人的な)注目は、Annie Lennox!相変わらずスリムで美しい!声もよく出てる!と感動しまくっていたのに、なぜか演奏中でも話し続けるアナウンサー様方のお声のおかげで、せっかくの演奏がよく聞こえない。Ed SheeranによるPINK FLOYDのカバーも素晴らしかったのに・・・。極めつけ?は、楽しみにしていたMUSEによるSurvivalの生演奏。オリンピックテーマ曲なのに、解説のBGMにするなんてっと怒りつつも、きゃ~マット、ドミニク!とミーハー心は忘れない(笑)。

ところで、順番が前後するけれども、Erick IdleAllways Looking On The Bright Side Of Lifeは、思わずテレビの前で一緒に口ずさんでしまった。モンティ・パイソンの映画の曲が登場するのは、さすがイギリス。そうそう、Beady Eyeっていうか、リアムWonderwallも、朝からシングアロング。やっぱり懐かしい~。一緒に歌って楽しめる曲が多いのも、UKロックの特徴の一つだよね。

Brian Mayは、豊かな髪がすっかり白くなっていてもカッコいいわ。さいアリで生で観たときの感動を思い出す。最初少しだけソロでカイザー・チーフスのI Predict A Riot弾いていたような気がしたけど・・・?

ロイヤルバレエのダーシー・バッセルも観られて嬉しかった。クラシックバレエとロックをどうやってつなげるのかと思っていたけれども、TAKE THATの流れに上手くのせたと思う。

大トリのTHE WHOで再びロックの世界に。ロジャー・ダルトリー、高齢なのに声がよくでていて感心。最初大人しめだったピート・タウンゼントの見せ場もあり、さあ、My Generationとワクワクしてきたら、途中で中継が終わってしまい、またもガックリ。

そんな感じでどうにも不完全燃焼ではあったものの、閉会式の雰囲気をリアルタイムで味わい、ネットを通じて国内外の友人知人と感動(や不満(笑)を分かち合えたのは、ネット時代の醍醐味と言ってもいいと思う。幸い、ネットで公式映像が観られるようなので、聴き足りなかったところは、週末にでもゆっくり観ることにしよう。

Closing Ceremony - London 2012 Olympic Games

閉会式プレイリスト。
Olympic closing ceremony playlist

カイザー・チーフス KAISER CHIEFS at T in the Park

久しぶりの更新です。ブログに遊びにいらしてくださった皆さま、長らくサボっちゃってごめんなさい。
ジムで軽く肉離れやってしまい、治療に通ったりして忙しくしておりました。それでも、Hostess Club WeekenderにTHE CRIBS見に行きましたけど。こちらのライヴレポも書きかけなのですが、ちょっとupする時期はずしちゃったかなあ・・・。

さて、フェスシーズン真っ只中、カイザー・チーフスのT in The Parkでの20分ほどの映像がYoutubeにupされていました。演奏はもちろんのことながら、スコットランドの観衆も熱いですね~!肩車している人もかなりいるし(笑)。それにしても、なぜパンダ?

上記ビデオに収録されている曲::
1.I Predict A Riot
2.Ruby
3.Angry Mob
4.Oh My God

NMEでベストアクト投票やっています。よかったら、KAISER CHIEFSに投票してやってくださいな。できればAmazingのほうで(笑)。
Best band at T In The Park 2012

KAISER CHIEFS/カイザー・チーフス”Listen To Your Head” ビデオ解禁!

カイザー・チーフスの新曲「リッスン・トゥ・ユア・ヘッド」ビデオ解禁になりました!

哀愁のあるサウンドとドラマティックな映像が溶け合って、まるで映画を観ているみたい(ただし、銃など出てくるのでお子様向きではないかも)。

この曲は、ブリストル公演のときに初めて聴いて気に入って、ハマースミス公演の後、ニックとお話できたとき、「新曲二曲とも好きです。特に、Listen To Your Head」と言ったぐらい(ニックの反応は、ほぉ〜という感じで、嬉しそうでもあり、少し意外だったようでもあり...、今思えば、彼らにとっても少し冒険な曲だったのかもしれません)。


ライヴでは、もっとギターの存在感がありましたが、シングルは、ピーナットの奏でるキーボードの印象が強いですね。これはこれで好きです。DURAN DURANのニック・ローズのキーボード音色に少し近いものを感じるのは、私が両バンドのファンだからかな。

残念ながら本人たちは出演していないので、画像でご挨拶。
Contact Music より頂きました。
4月12日に、'The Late Show with David Letterman'に出演するため、ニューヨークのエド・サリヴァン・シアターに到着したときの写真とのこと。ビデオの雰囲気とあってる!と思いません!?

Kaiserchiefscelebritiesarriveatth_2

KAISER CHIEFS at Coachella 2012 (カイザー・チーフス、コーチェラフェス映像)

Coachella公式youtube

リアルタイムでは、ウェブキャスト全然視聴できなかったです。映っても静止画で音がなかったり...。ウチの回線速度が遅すぎるのかしら?でも、今は再放送視聴できているっていうことは、やはり混み混みだったからなの?
けっきょく観られたのは、公式サイトにupされている録画2曲のみ。それでも有難いです。
見るからに暑そうなコーチェラでも、熱のこもった演奏だったのが確認できて嬉しい♪

On The Run
新曲です。リッキー、Gジャン暑そう。ニックのドラムビートかっこいい!ホワイティのギター、アレンジ少し変わった・・・かな?少しだけど、サイモンのベースもちゃんと聴こえた。ベースラインかっこよくない?CDでちゃんと聴いてみよう。

I Predict A Riot
めずらしく?ニックが絶叫している(笑)。さすがにこの曲は浸透している感じね。暑いだろうに、ステージを走り回ったリッキーも、跳ねているお客さん方もお疲れ様でした。

そして、最後まで観てくださった皆さまに、フルセットへのリンクをこっそり公開。海外のKCファンに教えていただきました。
kaiserchiefsfanblog

Enjoy!

Souvenir: The Singles 2004 - 2012 (カイザー・チーフスのベスト盤)+"On The Run" Youtubeビデオ

Thumbphp

KAISER CHIEFS のシングルコレクションが発売されるそうです。新曲二曲も収録されるとのこと。

HMV

日本盤は、リッキーによるライナーノーツ入りとのこと。曲作りの中心であるニックのコメントはないの?とこの辺はちょっとモヤっとくるのだけれども、UK公演で聴いて気に入った新曲Listen To Your Headが収録されているので予約しました。

Listen To Your Headは、こちらの記事にビデオをリンクしたので、よかったらどうぞ♪

ON THE RUNのオフィシャルビデオがYoutubeで公開されています。
甘いもの好きの方は必見(笑)

おみやげ(Souvenir)持って日本に来てね♪

カイザー・チーフス/KAISER CHIEFS at Hammersmith Apollo, London (23 Feb 2012)

ハマースミスアポロと言えば、数々のビッグネームがライヴを行ってきた有名な会場。ここでライヴを観るのを楽しみにしていた。チケットは、会場受け取りだったので、約1時間前にボックスオフィスに向かうも、連絡の行き違いで受け取りに時間がかかり、会場に入れたときには、すでに最前列はいっぱい。昨日会ったファンを探すも、人が多すぎてよくわからない。ニック側の隅っこでもと思ったが、そこには身体の大きい若者たちがいたので断念。なんとかサイモン側の二列目に滑り込む。改めてステージを見渡すと、出遅れたからといってそれほど嘆く必要はないとわかった。やたら横に広い上に、奥行きがありすぎ。ニックのドラムセットが遠い(泣)。

サポートアクトは、前日と同じFIXERSFRANKIE & THE HEARTSTRINGS。あまり動かないフィクサーズは、大きな会場では、こじんまりして見えてしまったかな。フランキー・アンド・ザ・ハートストリングスはやはりライヴ慣れしているのか、健闘していると思った。

カイザー・チーフスの登場が間近になると、ぎっしり埋まったフロアの真ん中で誰かがコップの飲み物を撒き散らし、前のほうから悲鳴があがる。興奮のあまりか、少々異様な雰囲気になってきたかも。

昨日と同じく、ダイアー・ストレイツ(Dire Straits)をバックにメンバーが登場。この時点で、満員の場内は興奮の坩堝。Everyday I Love You Less And Less、ピーナットのキーボードで会場が早くも揺れ始める。観衆は、ニックの「あ、あ、あ」まで合唱している(私もだけど)。リッキー、お約束のジャンプ!昨日よりも高かったような(笑)。楽しさそのままにNever Miss A Beat、そしてアーティスティックな雰囲気を持つLittle Shocks、ラウドで熱い演奏がかっこよかった!

Everything Is Average Nowadaysでは、早くも観客の中に入り、真ん中前方の観客と握手したりしながら歌うリッキー。いつも、端っこの観やすく押されにくい位置が定番の私、こういうときは、真ん中の人たちが羨ましい。リッキーと観衆のHey,Hey!の掛け合いからGood Days Bad Days、和む〜。グリーンを基調とした照明がきれい。

Modern Wayの前には、ピーナットの指揮で、ニックとサイモンによるドラムとベースのちょっとしたジャム。シンプルながらオシャレでよい感じ。この曲も、後で演奏されるStarts With Nothingと同じく、ステージのバックは満点の星空のような照明だったことに気づいた。新曲On The Runでは、リッキーが何かフリンジのついたスティック(シンバル叩く等に使っていたかもしれない)を降りながら弾むように歌うのが微笑ましい。この曲リッキーにあっている。

Rubyのイントロをホワイティがかき鳴らすと、悲鳴のような大声援。愛されているのね、この曲。観衆の「タラッター、タラッター」大合唱に加わりながら、なぜかこのとき、「あー、私、イギリスでライヴ観ている」と実感していた。昨日もライヴ観たのに、不思議。曲が終わったあと、リッキーが「ルビルビルビルビー」とアカペラ。Fuji Rockのときと一緒だわ。Angry Mobはやはり、大きな会場のほうが映える。リッキーとニックのアカペラハーモニー、このときだけは、ずっと大合唱の会場がしんとなり、二人のハーモニーに耳を傾ける。ニックが力強くドラムをたたくと同時にリッキーがジャンプ!ああ、なんてかっこいいの。

続いて、Nanananaaの楽しい雰囲気から、重めのジャムを経てStarts With Nothing、最後のインストパートで激しくドラムを叩くニックがセクシー(*^_^*)…とデジカメの三倍ズームのレンズを通して観て萌える(笑)。 I Predict A Riotでは、リッキーは、右側の大きなスピーカー?に昇り、ただでさえ大騒ぎの観衆をさらに煽る。勢いそのままに、Kinda Girl You Areに突入。Take My Temperature、やはりバルコニーで観衆に混じって歌ったリッキーは、ユニオンジャックをまとってステージに戻ってきた。すっかり興奮の坩堝となっていた会場の反応を確かめながら、リッキーは、「楽しんでいるかい?俺たちにもちょっと時間をくれないか(*)。新曲を聴いてくれ。すごくいい曲なんだ」と言い、Listen To Your Headの演奏が始まる。昨日は気づかなかったが、間奏のキーボードとギターの絡みが独特でスリリング。カイザー・チーフスらしい耳に残るメロディーと、最近のアーティスティックな側面が見事に溶け合っている曲だと思う。

アンコールは、昨日と同じくLove's Not Competitionでしっとりと始まる。この曲は日本のライヴでは聴いたことがなく、2009年のUK公演で初めて生で聴いたためか、私にとっては「イギリスに来た」としみじみ思わせてくれる曲。ラストはアンセムOh My God、イントロを聴くと高揚感とともに寂しさがこみ上げる。でも、最後のインストのところで、ニックが右腕を高く掲げ、スティックをくるっと回すのを目撃!きゃ~♪と萌えモードに(笑)

そして驚いたのは、アンコール終了間際だったか、警備の人たちが前のほうの観客に、水の入った小さなプラスティックのコップを配っていたこと!さんざんシングアロングして喉がカラカラだったので有難く頂いた。これも伝統?

演奏終了後、観客に拍手をしながらステージを去るニックを見つめながら、私のUKツアー参戦終わった。カイザー・チーフスのライヴは、いつも私を幸せにしてくれる。Child Of JagoなどFuji Rockで演奏されなかったアルバム収録曲が聴けなかったのは残念だけれども、新曲が二曲も聴けて、バンドが一歩も二歩も前に進んだことが感じられたのが嬉しかった。

会場をでたとき、面白いことがあった。フロアを出たところで、昨日のファンと再開し、談笑。CDを買いに物販に行くというのでついていったら、FRANKIE & THE HEARTSTRINGSのメンバーがいて、サイン会状態になっている!そこに警備員さんがやってきて、「会場閉めるから、すぐ移動して」、フランキー「サイン中なのだけど」警備員さん「外でやって」…というわけで、出演者なのに(!)私たち一般人と一緒に追い出されてしまったFRANKIE & THE HEARTSTRINGS、そのまま外で写真撮影大会(笑)。陽気で感じの良い若者たちだった。フランキーに「日本にもおいで」と言ったら、「2年前に行ったよ。また行きたい」と懐かしそうだった。

そのまま、地元のファンと出待ち。この日は、ニックとサイモンに会えた。あまりにもさりげなく出てきたのでびっくり。ニックに「新曲よかったです。特にListen To Your Head」と言ったら、「へえ〜」と少し驚いたような、嬉しそうなお顔になった。来日の予定については、はっきりしたことは聞けなかったが、彼らの日本好きはわかっているので、「たくさんのファンが待っています」とだけお話しておいた。日本での単独公演が実現しますように。

短いですが、写真代わりにどうぞ。

*"...we deserve a treat"という言い方だったと記憶しているのですが、「報われる」と活字にすると強すぎるかと思い、意訳しました。

カイザー・チーフス新曲「On The Run」 ビデオ初公開

ライヴレポートのハマースミスアポロ編を書き終わらないうちに、新曲のビデオが先に発表になってしまいました。

Spinner.com

甘いもの好きは必見です(笑)
アポロでも配ってほしかったな~。
この会場も行ってみたかった。

ちなみに、私のブリストル公演レポはこちらです。
KAISER CHIEFS at Colston Hall, Bristol (22 Feb 2012)

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30